【超簡単】LED照明に交換しよう【照明のプロが解説します】

LED電球に交換しよう Lifehack

 

まだ家庭や職場で白熱電球を使っているのであれば

明るくて、省エネに効果のあるLED電球への交換をオススメします。

 

自宅の電球交換って意外と面倒ですよね。

電球が切れることってそう多くはないけど、いざ交換するとなったら結構手間がかかります。

 

まだ白熱電球を使っているのであれば、この機会にLED電球に交換してみましょう

リビングの写真

【多忙なママさん必見】LED照明に取り換えれば電気代は下がる【簡単に交換】

 

今日はこんな疑問に答えます
  1. どのくらい省エネになるの?
  2. LED電球の種類

 

LED電球へ交換した方がいいことをお伝えしていきます。

 

 

この記事を書いているのは
  • 照明士
  • 第二種電気工事士
  • 照明に10年以上従事している
  • 照明のアドバイスを本業にしている
  • 最初に確認していただきたいこと、LED電球へ交換してメリットがあるということを知っておいてください。

     

    今回は簡単に3つのメリットに触れておきたいと思います。

     

    LEDへ交換するメリット

    LEDへ交換するメリット

     

    1 電球交換の回数が減る(寿命時間が延びる)

    照明って高いところについているので、交換するのが手間ですよね。

     

    LED電球であれば、使い方によっては5年近く交換する手間を省けます。

     

    しかも、難しい工事は必要ありません。

     

    ただ電球を交換するだけなので、踏み台や脚立さえあれば、作業できてしまいます。

     

    【注意】電球交換する時は、高い位置に電球がついていることが多いので気を付けて作業してくださいね。

     

    電球が切れるタイミングについてです。

     

    いわゆる「寿命」です。

     

    白熱電球の寿命は約2000時間程度です。

     

    LED電球は約40000時間です。ただし必ず寿命時間持ちますよ、ということではありません。

     

    使用環境などで寿命時間は変わりますので、注意しておきましょう。

     

    かかさずにお願いしたいのが、照明器具のお手入れについて

     

    1年に1回は照明器具についたほこりを取るなどの掃除をしてください。

     

    2 省エネになる

     

    ほとんどの方がご存知でしょうが、消費電力が約1/9程度まで下がります。

     


    (例)白熱電球60W形(消費電力:54W) ⇒ LED電球「60W形相当」へ交換(消費電力:6.5W)

     

    ここまで消費電力がさがるのであれば、交換するしかありませんよね。

     

    消費電力が下がるということは、その分電気代も削減できるということになります。

     

    例えば、

    1日8時間白熱電球(54W)を点灯していた場合 ※(電気料金1Kwhあたり27円で計算)

    ・54(W)×8(時間)×27(円) では、だいたい1日11円ちょっとです。

     

    LED電球(60W形相当:消費電力6.5W)へ交換した場合 ※(条件は同じ)

    ・6.5(W)×8(時間)×27(円) で、1日1.4円です。

     

    1日だけで、10円も違います

     

    1日では10円ですが、1ヶ月30日毎日点灯していると

     

    300円以上の節約ができます。

     

    これは交換するしかありません。

     

    LED照明を探す

     

    3 冷房の効きが違う

     

    消費電力が下がるということは、当然熱量も比例して下がります。

     

    夏場にエアコンで冷房運転してみると効果を実感できるかもしれません。

    ※電球を交換した場所での話であり、トイレの電球を交換してダイニングの冷房効果が上がるわけではありません。

     

     

    交換前の3つの確認

     

    交換前の3つのポイント

     

    LED電球へ交換するメリットを知ったうえで、交換する前に最低限確認してほしいこと3つの紹介します。

     

    確認する時に順序は気にしなくて大丈夫です。

     

     

    1使っている電球の形を確認しよう!

    白熱電球には、たくさんの種類があります。電球の形、ガラスの色(裸電球もしくはホワイト電球)、消費電力(ワット数)、口金

     

    今使っている電球の種類をリストから探してみましょう。

     

          電球の種類 口金   ワット数
    白熱電球
    (ホワイト電球と裸電球)
    E26 40W,60W,100W形
    電球型蛍光灯
    (電球形・スパイラル形・ボール形)
    E26 40W,60W,100W形

     


    今回は口金「E26」サイズのみを取り上げました。

     

    照明器具によって取り付けられる口金が異なります。もともと付いていた電球の口金と同じものを選べば大丈夫です。

     

    それでもわからない場合は、照明器具に貼ってありシールを確認するという方法もあります。

     

    上のリストに当てはまらない場合は、最初に電球の直径を確認してみるといいです。

     

    電球の直径が6㎝より小さい場合は、「E17」という口金の場合もあります。

     

    ミニクリプトン電球という種類は、電球の直径が3.5cmです。

     

    口金は「E17」がほとんどです。

     

    口金が「E17」のLED電球

    ミニクリプトン電球はこちら

     

     

    2 電球の直径のサイズを確認しよう!



    「E26」という口金であるということがわかったところで次のチェックにいきましょう。



    今使っている電球の直径サイズを確認します。白熱電球であれば6㎝、それと同等もしくは小さいサイズを選べば大丈夫です。

     

    使っている照明器具の開口の広さにもよりますが、極端に直径が大きくならなければ取替えできます。

     

    各メーカーで販売しているLED電球の箱には「40W形相当」や「60W形相当」と書かれていますので参考にしてみてください。

     

    ステップ3 電球の口金を確認しよう!

     

    電球にはたくさんの形・形状があると前述しました。ここでお伝えする口金にも種類がたくさんありますので、注意してチェックしていきましょう。


    ちなみに今回は口金E26サイズのみを取り上げました。



    口金の直径が26mm(2.6センチ)であれば、心配ありません。



    3つのステップが確認できたら、LED電球へ交換する準備に進みましょう!

    さっそくLED電球を選ぼう!

    LEDポイント

    では早速LED電球を選びましょう。

    選ぶポイントは1つだけ

     

    「60W相当」  を選んでください。

     

    暖かみのある色がいいか、それよりも明るさ重視なのか、好みはわかれます。

     

    使用する空間によっても色はポイントになります。

     

    どのような空間にしたいか、イメージをしてからLED電球の色味を選んでみてください。

     

    色味についてはこのあと簡単に解説していきます。

     

    明るい空間が好ましくない場合は、 「40W形相当」  のLED電球を選んでください。

     

     

    ・白熱電球を使っている場合


    (白熱)60W形  ⇒  電球60W形相当  を選びましょう。

    これは簡単ですよね。同じワット数で選べばいいだけです。



    (白熱)40形  ⇒  電球40W形相当もしくは60W形相当を選びましょう。

    高所に器具がついている場合は、明るいタイプを選べばOKです。

    (白熱)100W形  ⇒ 電球60W形相当で十分です。



    100W相当を選ぶと、価格が60W相当品の2倍近くします。明るさにそこまでこだわらないのでなければ 、値段重視で探すことをオススメします。

    ・電球型蛍光灯を使っている場合

     

    白熱電球の場合と同じように、40W相当と60W相当を使っている場合は

    LED電球60W形相当を選んでください。

    口金はE26だけど、どのタイプか不明な場合・・・

    LED電球「60W相当」で、十分明るいのでこれを選んでください。

    LED電球は「60W相当」を選びましょう。

    色味ってなあに?

     

    色味の説明

     

    色味とは、もともとの電球が点灯している時の色のことです。

    簡単に言うと「ケルビン(K)」と表記します。

    (例)電球色「2700K」となります。

     

    ケルビンについての詳しい説明はここでは省きます。

    白熱電球を使っている場合は、暖かみのある黄色っぽい色です。

    つまり、「電球色」というのを選べばいいってことです。

    もっと明るい色にしたければ、「昼白色(5000K)」もしく「昼光色(6500K)」を選ぶのもありです。

     

    まとめ

    LEDまとめ

     

    LED電球は、メーカーによって若干スペックは異なりますが、明るくて価格も安くいのでとても使い勝手のいい電球です。

    電球を交換するだけで、電気代も安くなりますし、手軽に省エネにも貢献できます。いいことずくめなLED電球へ今すぐ交換しましょう。

    LED電球60W形相当を探す

    地球にやさしいこと、少しずつ始めてみませんか?