プロフィール

プロフィール


こんにちは、まさおです。


私のプロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。


当ブログを運営している「まさお」について紹介していきますので、しばしお付き合いください。

「まさお」はこんな人物です

マサオ
名前:まさお
年齢:アラフォー
性別:男

「まさお」はいったい何者だ?


職業:サラリーマン
サラリーマン歴:14年くらい

これまでの経験職種


大手出版社:文章校正・デザイン編集
某メーカーカスタマーサポート
大手個別塾向けシステムヘルプデスク
産業機器メーカー:営業職
アルバイトを含めると10社くらいで働きました。


留学経験

留学経験

もう12年以上前になりますが、語学留学で約1年オーストラリアのシドニー近郊にあるニュートラルベイというところに住んでいました。


シドニーでも焼肉屋でウェイターとして働いていました。


留学するきっかけはテレビで「ワーキングホリデー」でオーストラリアを紹介していて、「海外行きたい!」と思って留学することを決めました。


この当時は若かったこともあってか、かなり行動派だったと思います。すぐに「留学エージェント」から資料を取り寄せ。

費用はだいたい「200万円」

これは半年分の生活費と諸費用を計算して出しました。


留学エージェントの手数料を結構払ったような記憶はあります。


ただそれより早く留学したいという気持ちのが強くて必死でお金を貯めていました。


当時は派遣社員で実家暮らしだったので、1年くらいで貯まった感じです。人は本気になればなんでもできるってことですね。

楽しい思い出が多い留学生活

20代での留学での経験は非常に楽しかった思い出ばかりです。


シドニー以外にも観光でブリスベン、エアーズロック、マリンスポーツなど満喫してました。


肝心の英語ですが、1年近くいて結構勉強もしていたので、それなりにしゃべれるようにはなったと思います。


ただ語学学校ってアジア人が大多数を占めていて、場所によっては日本人、韓国人、中国人ばかりで、「ここは本当にオーストラリアなの?」って感じでした。


それでも英語を習得することと、オーストラリアを満喫することはできたので人生においてはプラスになりました。

日本に戻ってきた理由


それは「日本食」が恋しくなってしまったことでしょうか。

シドニーにも「日本食レストラン」はたくさんあります。


でもちょっと違うんです。何が違う?とひとつ挙げれば、味付けですかね。


やっぱり日本で食べるのと味が違うんですよ。この味覚は最後まで慣れなかったかなと思います。


ただこの生活は今までの人生で一番楽しかったとてもいい経験でした。

就職活動開始

就職活動開始

あまりに楽しい留学から帰ってきて、3ヵ月くらい働く気がまったくありませんでした(一応アルバイトはしてましたが)…


やる気もなくどんな仕事がいいかなぁと探していたのが「営業職」でした。


何で「営業職」を選んだかというと、今までやったことがなかったからという理由だけです。


当時はノルマがあるなんてことも、「飛び込み営業」なんてものも知りませんでした。


今さらながらに「何も知らない」って恐ろしいなと思います。数社面接を受けて内定をもらったのが、「産業機器」のメーカーでした。

けっこう長く勤務していた会社


この会社には10年近く勤めていました。


最終的には経営層が全く長期計画のビジョンを示さないことへの不安と会社の環境悪化が原因で退職しました。


ただノルマに対して厳しい数字をたたきつけられるような企業ではなかったので、長く続けられたんじゃないかと今は感じています。


全くの「営業未経験」で正社員採用をしてもらい、営業のノウハウを学べたのは感謝しています。


また同期入社の人がいたことも長続きした要因かもしれません。

妻との出会い


妻とは職場結婚です。


入社2年目くらいだったと思います。


関連会社に勤めていた当時の妻と一緒に仕事をする機会があり、そののち同期を交えて数回食事をするうちに仲良くなり、さらには個人的に二人きりで会うようになっていたと記憶しています。


結婚するまでの間に離れたり、また近づいたりを繰り返しながら、なんだかんだで結婚していました。

ちょっとしたことで職場は居づらさを感じる


幸せなこともありましたが、「人間関係」は本当に人のモチベーションを下げます。


ある時期に直属の上司が関連会社から転籍してきました。最初の数年間は特にわだかまりもなく、いい関係でした。


しかしその上司が役職が上がるにつれ、態度が変わっていったのです。ある位の役職になった途端、態度が超上から目線。こちらとしては「???」です。「何かありましたか?」と聞きたいくらい。


そこから会話もなくなり、部署の仲間も彼を避けるようになって、一気に職場の雰囲気は最悪。

退職へまっしぐら


その一方で上司は全くの鈍感で、いつも通り「KY」は空気を醸し出しているんです。その後、社内は経営者や上司に対しての愚痴ばかり。


これはもう「やってられん」と会社の将来への不安と不満が募り、即転職を決意。


その数か月後に次の転職先も決まらないまま退職したのです。

転職先が見つかるまで

転職先が見つかるまで

退職する前からある程度、業界は決めていました。


ただ30代半ばで未経験職種にチャレンジというのはハードルが高すぎました。


もちろん勉強はしていましたが、甘かったです。


もう営業職はやりたくないという理由のみで未経験職種に挑戦してみましたが、数社応募しても条件に満たさないことで書類選考ですべて落とされました。


この時は結構焦ってました。無職で収入もなく、国民健康保険と国民年金を私と妻の分払わなければならないので、相当な出費で貯金も減りやばかったです。


ハローワーク、転職エージェントを使い10数社応募してようやく内定をもらいました。


活動期間は3ヵ月弱でしたが、とても長く感じたのは今でもはっきりと覚えています。

心機一転で入社したのに・・・


転職先を決めた一番の理由は勤務先が「自宅から近い」でした。


職種も前職と同じ「営業」で、業界も電気業界でほぼ一緒だったので、「楽勝かな」とあなどっていたんです。


入社して1ヶ月もせずに「何か違う」って感じになってました。「何が違う」って思ったのは、職場の社員の士気の低さでした。


質問してもちゃんとした答えは返ってこない、無視されることはザラにありました。


その職場は製品を製造する工場で自分の配属は営業ではあったのですが、今考えてもバリバリの営業ではなかったんです。


「このまま続けたら病気になりそう」と感じ、3ヵ月で退職。ここは早く逃げて正解でした。辞める寸前に職場の人からは「先に逃げるのズルい」と言われたくらいです。


お金をもらうためだけに働いていて、楽しそうにやっている人は一人としていなかった印象でした。


結果的に失敗の転職となったわけです。


転職がうまくいかない悩みを解決します。

なぜブログを始めることになった?

なぜブログを始めることになった?



失敗に終わった転職。


しかし人生まだまだ先が長い。家族がいて生活もあります。


生活費も教育費も必要です。


転職活動も1からやり直しです。


この時は相当きつかったのを覚えています。


「何をしたいのかわからない」状態でした。


精神面でも金銭面でも苦しかったです。


退職前から前職の同業他社の知り合いに声をかけたりして、転職活動はしていましたが、結局いい返事はもらえませんでした。

きっかけの人


そんなある日、前職の先輩社員から「一緒に会社作らない」と誘われ、無職の自分は何の迷いもなくその気になっていたんです。


会社設立の計画を立てながら、出資してくれる会社を探していたんですが、そう簡単に話に乗ってくれる企業はありません。


ぽっと沸いたような無謀な計画でお金を出してくれる会社なんてあるわけないんです。


事業計画についても勉強しましたが、今思えば中途半端でした。世の中そう甘くはありません。

話を聞いてくれる企業が現れる


そんな中で1社が話を聞いてくれたんです。話を持ち掛けてみると、その会社の社長ががパートナーとなってサポートしてくれると。


でも詳しく話をしていくと、結局売上が出るまでは給料なしで完全歩合。


まぁ当たり前の話です。


当時無職の私には厳しい条件すぎて他の会社探そうという気持ちにないかけていました。


ただその会社としては営業力を強化するために人員を募集中だったわけです。


そこで営業だった自分が先に入社して給料も最低限保証。


もうやるしかありません。


先輩はというと、完全歩合で給料が出ないのが理由で逃げ、この話は消滅に終わったわけです。

時間がたっても給料に変化なし


そこから営業活動で地道に新規開拓をしながら1年が経ちました。


でも「給料が上がらない」という不安がおそいます。このままではマズい。


2年経っても期待はできないと、本業での限界を感じたのはこの時でした。

ここから「副業」と出会う


世間では「副業」というキーワードをよく耳にするようになりました。


焦りを感じていた自分は「副業」で稼げるものを探しはじめたのです。
最初はお金から「投資」にたどり着きました。


本を数冊読んで「投資信託」ははじめましたが、これって長期で運用していくものなので、すぐお金が増えるものでもないんです。


さらに本を読み漁って調べていくと、インターネットビジネスというキーワードが出てきました。


これも調べまくったんです。


インターネットビジネスをするのは2つの用語が目に入ってきました。


「ブログ」と「アフィリエイト」
です。


ググってみると「ブログ」が面白そうと行き着いたわけです。


そこからは「ブログ」を徹底的に勉強して、「ブログ」をはじめることを決意したのでした。


問題なのは「ブログ」で何を書く?ってことです。


数日悩んだ結果、人生で失敗してきたことを書いたらどうかとの思いから「転職」をテーマにすることにしました。




「つらく感じる毎日」によろこびを与えてくれた本を紹介します。
シンプルに生きることを教えてくれた本【ポジティブ思考になれる】

転職での失敗をブログにしたい

転職での失敗をブログにしたい



「人間関係」、「転職失敗」などの経験をブログを通してお伝えして、失敗しない転職の方法を発信していこうと考えたのです。


ひと昔前までは1つの会社で勤め上げるのが美徳のような感じでした。


しかし今は大企業でも早期退職者を募っていたり、雇用のあり方は変化しています。


つまり転職は当たり前の時代になっているわけです。


自分の経験値を上げるため、給料を上げるためなど、転職にはいろんな理由があります。


そして多くの人に転職をして「人生が変わった」というのを感じて欲しいと思っています。

転職回数が多いことはデメリットばかりではない


要は転職の仕方だと考えています。ただ闇雲に転職を繰り返すのはよくありません。


しかし自分のキャリアを描くなかで、成長したいのであれば転職は絶対に必要ではないでしょうか。


もちろん転職ではなく、起業をして新しい道を切り拓く方もいます。


いろんな方法はありますが、転職を経験することでいまの自分の実力が分かる気がします。


自分を高めたいという想いが強ければ強いほど転職することをおすすめします。


転職ブログを書くのも自分の経験を伝えたいということと、やるからには失敗しない方法を知ってもらいたくて、書きはじめました。

副業ブログで伝えたいこと


今は転職をテーマに書いていますが、

目標は
「人生コンテンツ化」です。


なにかと言えば、自分の今までの経験を発信して、人生の歩み方の参考にしてもらえればと考えています。


そんな自分は本業の年収を超えるくらいブログで稼いで、多くの方に「ブログは稼げる」ということをお伝えできたら幸せです。

最後に

最後に

長々自分の生い立ちを書いてきましたが、これも悩んでいる方のお役に立ちたいという想いで書いています。


1人でも「まさおブログ」で人生が変わったっていう人がいてくれたら、これほどうれしいことはありません。


あなたの悩みを解決するため、今日もブログを書きます。




おわり。