気になる30代平均の転職活動期間は?いつから転職活動すべき?【その理由は?】

気になる30代平均の転職活動期間は?在職中に活動すべき?退職後に活動すべき? 転職



あなたは今、こんな悩みをかかえていませんか?

転職希望者
30代で転職期間はどれくらいかかるもの?




本記事の内容
  • 30代で転職をする場合に期間はどのくらいかかる?
  • 転職活動は在職中にすべき?
  • それとも退職後にすべき?


これから転職活動をはじめるにしてもどれくらい時間がかかるのかまったく目安が分からないければ、動きづらいですよね。


転職活動をするにはおおまかに2つのやり方があります。

  • 在職中に探す
  • 退職後に探す


働きながら転職活動をするといつまでかかるのか不安、退職後だと貯金を使いながらで活動をしなければならなくて不安ってことになりますよね。


大切なのは、自分の「やりたいこと」を明確にしておくことです。


マサオ
この記事を読めば、いつから転職活動をはじめて、どのくらいの期間で転職先を決めればいいかの判断ができるようになります。


効率よく転職活動ができるきっかけになれば幸いです。





Contents

  1. 30代で転職活動をするのであれば、在職中にすべき【期間を決める】
  2. 気になる30代平均の転職活動にかかる期間は?
    1. 「転職活動をはじめてから、内定が出るまでの期間はどれくらいでしたか?」
  3. 在職中に転職活動をするメリット
    1. 焦ることがない
    2. 金銭面で不安にならない
  4. 在職中に転職活動をするデメリット
    1. 面接の日程が調整しづらい
    2. 活動が長期化しやすい
    3. 時間があるあまり悩んで決まらない
  5. なぜ退職してから転職活動をしてはいけないの?
  6. 在職中に転職活動を成功させるためのコツ
    1. 「doda」で求人検索とスカウトメール機能を活用する
    2. 「 dodaエージェントサービス 」を活用して時間を省こう
  7. 市場価値を測っておくことでさらに効率よく転職活動ができる
  8. まとめ:30代の平均的な転職期間は?転職活動は在職中にはじめよう!


30代で転職活動をするのであれば、在職中にすべき【期間を決める】

30代で転職活動をするのであれば、在職中にすべき【期間を決める】


doda 」の調査によると約8割の人が在職中に転職活動をしています。


転職活動は在職中にor退職後


会社を辞めてから転職活動をはじめた場合、面接などの日程調整には自由がきくかわりに、金銭面や長期化への焦りから十分に企業を見定めることなく入社を決めてしまい、転職後に後悔してしまうことも…


転職活動は「期間を決めて在職中にすべき」なのです。


なぜならば、集中して転職活動することで在職中でも内定をもらうことはできます。


しかし、集中して転職活動をするにしてもどのくらいの期間を決めればいいのかわかりませんよね。


さらに周りの人たちの転職期間はどのくらいなのかも気になるところです。


次の章では、気になる転職期間について見ていきましょう。

気になる30代平均の転職活動にかかる期間は?

気になる30代平均の転職活動にかかる期間は?


30代の気になる平均的な転職活動の期間は、3ヵ月と言われています。


では実際の調査ではどうなのでしょうか。

「転職活動をはじめてから、内定が出るまでの期間はどれくらいでしたか?」

転職活動をはじめてから、内定が出るまでの期間はどれくらいでしたか?


doda 」に会員登録している人を対象とした調査によると、「1ヶ月未満」の人が約40%ともっとも多く、ついで「1ヶ月から3ヵ月未満」が33%にもなります。


全体から見ると、3ヵ月未満で内定をもらう人は約74%もいるんです。


マサオ
私は30代後半で2度の転職しましたが、
1度目は約2か月、2度目は約5ヶ月かかりました。


転職するまでにかかる期間が早ければいいということではありませんし、当然ながら個人差があります。


大切なことは自分の決めた軸をブラさずに転職期間を決めて活動に集中することです。


しかし、「在職中に転職活動をしていると時間がかかってしまうのでは?」と心配になる方もいるのではないでしょうか。


次の章では在職中に転職活動をすることで得られるメリットを紹介していきます。

在職中に転職活動をするメリット

在職中に転職活動をするメリット
在職中に転職活動をするメリットを具体的に見ていきましょう。

焦ることがない

時間をかけて転職活動ができるので、期間に縛られずゆっくり希望に近い求人を探すことができます。


何でもあてはまることですが、焦るといいことってありませんよね。

金銭面で不安にならない

在職中に転職活動をすると収入を確保しながら仕事探しができるので「収入がない」という心配をすることなく安心です。


お金がないという不安は物事を考えるうえでマイナス思考になりやすくなるので、余裕をもっておけば転職活動に集中できますよね。

在職中に転職活動をするデメリット

在職中に転職活動をするデメリット
メリットばかりではありません。デメリットもお伝えしておきます。

面接の日程が調整しづらい

働きながら転職活動をしていると一番問題なのが、面接日程の調整です。


有給休暇が使えない、休みが取りづらいとなると日にちを合わせるので苦労します。

活動が長期化しやすい

在職中に転職活動をすることで期間を気にせずに希望の企業を探せる反面、やりたいことが明確になっていないとズルズルと長期化しやすくなります。

時間があるあまり悩んで決まらない

時間があるあまり、「もっといい求人が出てくるだろう」となって結局悩んで決まらないなんてことにもなりかねません。


なぜ在職中に転職活動をしたほうがいいのでしょうか。


次の章で私の経験をもとにお伝えしていきます。

なぜ退職してから転職活動をしてはいけないの?

なぜ退職してから転職活動をしてはいけないの?
なぜならば無職という「社会的な信用がなくなること」と「収入がない」という2つの不安があるからです。


私は退職してからの転職で1度目は「2か月」で内定をもらいましたが、2回目は「5か月」かかりました。


さすがに「3ヵ月」を過ぎても仕事が決まらないと毎日のようにお金の心配をしていたのです。


長期化することで「この先本当に仕事が決まるのか」、「もう社会から必要とされていないのでは」といった不安はさらに大きくなり、焦りも出てしまいます。


苦い経験してきた私の個人的な意見からも「在職中に期間を決めて転職活動をすべき」なのです。


では、在職中でも転職活動を短期間で成功させている人の特徴とは、どんな進め方をしているのでしょうか。


次の章では具体例をあげて紹介してしていきます。

在職中に転職活動を成功させるためのコツ

在職中に転職活動を成功させるためのコツ
私の知人の経験をまじえながら成功させるためのコツを具体的にお伝えしていきます。

「doda」で求人検索とスカウトメール機能を活用する

在職中に転職活動を1ヶ月以内で成功させている人の特徴は、転職サイトに登録して自分の希望に近い企業をこまめにチェックしていることです。


私の知人で、「 doda 」を使って企業からのスカウトメールをきっかけに転職を成功させた人がいます。


具体的には

  • 転職サイトに登録する
  • スカウト機能を活用する
  • エージェントに相談する


上記の3点をしておくことで、効率よく在職中の転職活動をすることができます。


転職サイトに登録しなければ、転職をはじめることもできません。


さらにスカウト機能も活用しておけば、自分の強みを発揮できる企業から連絡が来る可能性も高くなります。

  • スカウトサービスとは?

書類選考がなく、必ず面接を受けられる面接確約オファーやプレミアムオファー、「 doda 」では公開されない非公開求人のオファーが届くこともあります。

  • プレミアオファーとは?

あなたを高く評価している企業から「あなたと会って直接話をしてみたい」と内定の可能性の高い特別なオファーです。


志望度が高い求人を見つけることができれば、効率よく短期間で転職を叶えることも可能。


忙しい中で求人をさがしたり、スカウトの連絡を確認しなきゃいけないですが、在職中のスキマ時間を使いながら活動できれば、転職期間を1ヶ月で決めるのも無理ではありません。


大切なことは、自分の決めた軸を明確にして、応募する企業は1社に絞らないことです。


限られた時間の中で転職活動を成功させるために、エージェントに相談しておけば、企業との面接日程の調整から、年収交渉と入社日の調整まで対応してくれます。


dodaは本当に使えるサービスなのか?

【 最新版 】doda は本当に使えるサービスなのか?

「 dodaエージェントサービス 」を活用して時間を省こう

在職中に転職活動をしようとすると忙しくてなかなか時間が取れないものです。
そこで「 dodaエージェントサービス 」を使って転職のサポートをしてもらい、より早く内定が出るように進めることをおすすめします。


理由はキャリアカウンセラーとの面談であなたの希望を伝えておくだけ。条件に沿った求人情報を提供してくれるから。


一般的な転職サイトは個人で応募、面接日程の調整などしなければなりません。「 dodaエージェントサービス 」を使えば、転職活動にかかる時間を大幅に省くことができます。


エージェントサービスを活用するメリット
  • 応募書類の添削
  • 面接日程の調整
  • 面接のサポート
  • 入社日の調整
  • 年収交渉


面倒だと感じる手続きは「 dodaエージェントサービス 」が代行してくれるので、在職中の転職活動では強い味方です。


さらに、「 dodaエージェントサービス 」に登録することで、転職サイトでは掲載されていない非公開求人を紹介してくれるので、自分の条件に合った企業の選択肢がふえます。


転職エージェント経由で企業に応募すれば、過去に応募した人の情報を聞けたり、面接の対策なんかも教えてくれます。


1人で応募から面接日程の調整まで対応していると、大事な面接がおろそかになりかねません。


dodaエージェントサービス 」を活用して、少しでも早く自分の条件に合った企業を見つけてください。


さらに自分の「市場価値」がわかっていれば、どの業界で活躍できるかの目安にもなるのでとても有効です。


人間関係を理由に転職したい方向け【転職エージェントレビューあり】

人間関係を理由に転職したい方向け【転職エージェントレビューあり】

市場価値を知っておくことでさらに効率よく転職活動ができる

市場価値を測っておくことでさらに効率よく転職活動ができる
転職活動をしていくと、希望する条件がいろいろと出てくると思います。


なかでも転職して「給料が下がった」なんてことはなるべくなら避けたいもの。


この診断からあなたが経歴や経験を「どの市場」で「どのくらい活かすことができるのか」がわかります。
>>>MIIDAS(ミイダス)の【公式サイト】を見てみる


これまでの経歴や経験、スキルといった情報をタップとスクロールで質問に答えるだけ、5分で登録できます。


登録した情報をもとに「 ミイダス 」からあなたの条件にマッチした企業からの面接確約オファーが届きます。


また企業からの直接アプローチがあるので、転職活動を短期間で進めていきたい人や忙しくて求人検索する時間のない人には必須といえます。


氏名や住所は入力不要なので、セキュリティ対策も万全です。


まとめ:30代の平均的な転職期間は?転職活動は在職中にはじめよう!

まとめ:30代の平均的な転職期間は?転職活動は在職中にはじめよう!


転職活動の平均的な期間は、3ヵ月です。


退職後に転職活動をした経験から申し上げると、圧倒的に在職中に転職活動をした方が精神的にも金銭的にも不安はなくなります。


30代で在職中に期間を短くして転職を成功させるためのポイントは
  • やりたいことを明確にする
  • 期間を決める
  • 転職サイトを使う
  • スカウト機能を活用する
  • エージェントを活用する


在職中にリスクなく転職活動をはじめて、あなたの希望を叶えましょう。


おわり。


【正社員を希望している30代】転職活動に疲れたので妥協して契約社員でもいいか?

人間関係を理由に転職したい方向け【転職エージェントレビューあり】

人間関係を理由に転職したい方向け【転職エージェントレビューあり】

転職が成功&失敗しやすい夫の特徴

【30代夫婦向け】転職が成功&失敗しやすい夫の特徴