無口な人でも営業はできる?【無口を克服する方法を伝授します】

無口な人でも営業はできる? 仕事の悩み

 

まさお
サラリーマンブロガーのまさおです。

  • 営業職歴12年
  • 転職経験4回

【副業】ブログで転職や仕事の悩みについて書いています

 

悩んでいる人
無口を克服するために営業職につきたいけどやっていけるかな?

 

 

今回のお悩み
  • 無口な性格はどのように克服すればいい?
  • 無口な人でも営業という仕事はできるようになる?
  • 無口な人が営業を探すにはどうしたらいい?

 

このような悩みについて解説していきます。

 

無口を克服したい!

 

 

無口を克服するために、営業マンになろうと思っている!

 

 

まさお
自分を変えたいと意識を持つことはすごいですよね

 

ただ、あなたの周りから無口と言われていても、捉え方によっては「実は無口ではなかった」なんてこともありえます。

 

もし誰がどうみても無口な性格だと思うようであれば、それは性格として無理に変えようとするのではなく、無口なことを活かして環境を変えてみるという考え方もできます。

 

さらに自分の強みにすれば、物事をしっかり考える誠実な人ととらえることも可能です。

 

その個性を活かしながら友人とのかかわりや仕事に結びつけていければ、もう無口だからと悩む必要もなくなることでしょう。

 




目次

  1. 無口な人という性格とは
    1. 無口でも自分の意見も持てるようにしておく
    2. △△タイプの○○
    3. 除外した○○一覧
  2. 営業職のイメージ
    1. すべての営業マンがそうではない
    2. 初対面の営業では特に注意が必要
    3. マシンガントークの営業は有効か?
    4. 営業に話のうまさは関係ない
    5. 営業の説明は最小限にする
    6. ちょっとしたところに情報は落ちている
  3. 無口な人でもできる営業のコツとは
    1. 営業で相手から情報をどれだけ取れるか
    2. 無口だからと思いこみすぎてはいけない
  4. 無口な人でも無口な性格を克服することなく営業はできる
    1. 転職エージェントを使ってみる
    2. 転職エージェント「 リクルートエージェント 」
    3. 転職エージェント「 doda 」
  5. 無口な人でも営業はできます

無口な人という性格とは

無口な人の性格とは

 

無口とは、ふだんあまりしゃべらない人のことを言う場合です。

 

だからといって、自分の考え持っていないのかというとそんなことはないはず。

 

意見を求められれば答えるけど、そうでなければ自分の意見は言わずに他人の話を聞きながら、自分との意見の違いを頭の中で考えたりしているものと思います。

 

大勢の人がいる場所では委縮したり、遠慮がちになることはあることでしょう。

 

 

無口でも自分の意見も持てるようにしておく

 

 

大事なことは自分の意見をしっかり持って、発言を求められた時にしっかり答えられるようにしておくことだと思っています。

 

そういう訓練の場面というとなかなか自ら作るのは難しいかもしれません。

 

しかし、営業を仕事として選ぶと、少なからず相手に説明をすること、話を聞いたりとコミュニケーションが生まれます。

 

前述のとおり、無理に無口な性格を変えようとするのではなく、営業という仕事を通じて環境を変えれば今の自分よりも相手とのコミュニケーションをうまくとれるようにすることが可能になります。

 

 

営業職のイメージ

営業職のイメージ

 

営業マンというと、

 

いつも元気でハキハキしていて話し上手な人

 

イメージしがちですが、普段無口な口数の少ない人が営業を職業にして輝いている人はいます。

 

 

「無口な人」といっても人それぞれ感じ方は違いますよね。

 

まさお
営業マンというとちょっとウザいくらいのイメージがありますね

 

すべての営業マンがそうではない

 

 

営業マンのすべてがガツガツした人ばかりではありません。

 

無口な人もいれば、おしゃべりが達者な人だっています。それはあくまでもその人の個性であり、営業スタイルともいえます。

 

「お客様に元気よくガンガン説明している」ような自分のイメージをいだくかもしれませんが、営業は相手としゃべりまくっていれば成果を得られるような職業ではありません。

 

 

初対面の営業では特に注意が必要

 

 

特に初対面の場面でよくありがちなことですが、会っていただける約束が取れて相手のところへ営業にいきます。

 

最初から相手は「売り込まれるのでは?」と警戒心を持っています。

 

挨拶もそこそこに、いきなりこちらから説明をしては相手の警戒心を解くことは不可能です。

 

営業マンが最初から説明するのではなく、相手にしゃべってもらう必要があり相手も警戒しているので、最初はしゃべってくれないのは当たり前。

 

まさお
しかしうまく質問で問いかけをしていけば、徐々に心を開いてくれますよ

 

 

マシンガントークの営業は有効か?

 

 

たとえば、明石家さんまみたいに「マシンガントーク」が得意な営業マンが商品を売り込みにあなたの所へきたとします。

 

トーク力は抜群、話もおもしろい。しかし一方的に話されて終わり。

 

これでは「押し売り」と同じで、有効な営業手法とは言えませんね笑。

 

まさお
一方的にしゃべる人って好かれないですよね

 

営業では、いかに自分を出さずに相手側にしゃべってもらい、相手の「欲しい」という欲求を満たせるかになります。

 

なのでたとえ無口な人が営業をしていたとしても、最後は相手に納得して買ってもらえればいいのです。

 

 

営業に話のうまさは関係ない

 

 

営業には話術がうまいか下手かは関係ありません。

 

 

それよりも相手の話に耳を傾けることの方が大切です。

 

相手に売り込まれると思われてもいけない、けどなんとか成果を出そうと焦って売りたい気持ちが出てしまったりすると商談はうまくいきませんね。

 

営業で間違いがちなパターン
自ら売り込もうとしてベラベラしゃべってしまう

 

いくら自分がしゃべりたい、説明したいと思っても話すぎることはせずに、相手にしゃべらせることが大事なんです。

 

まさお
仕事に限らず、聞き上手な人っていますよね

 

 

営業の説明は最小限にする

 

 

セールストークのセミナーとかに行くと、必ずといっていいほど質問なんですが、

 

営業の説明は
  • 聞く:8~9割
  • 話す:1~2割
がちょうどいいと言われています。

 

 

初対面でうまく問いかけるにはどうしたらいいか?

  • 極力自分の話はしない
  • 相手を主体にした話題で話すこと

 

ポイントとしては、最初の会話で相手から返答をもらえそうなテーマにするのがいいと思います。

 

なにより自分のことをさらけ出すことはせず、相手の情報を引き出すことを優先してみましょう。

 

ちょっとしたところに情報は落ちている

 

 

たとえば、訪問先で相手の方と名刺交換をします。

 

まさお
名刺から得られる情報って結構あるんです

 

 

「名前」が目についた場合、珍しい名前だったり、自分と同じ苗字や、名前の読み方を聞くといったことだって話題になります。

 

 

まさお
ちょっとした情報が会話の弾む話題になることもありますよ

 

 

無口な人でもできる営業のコツとは

無口な人でもできる営業のコツとは

 

“ 相手の話を聞くことに徹する ”

 

相手の話を熱心に聞くということは、相手からは「この人は自分の話をちゃんと聞いてくれる」「自分に興味をもってくれている」「自分を認めてくれている」という印象を与えることができますよね。

 

話を聞きながら相手の警戒心をといていく。そうすることで、信頼関係もできていって会話も自然に弾むようになります。

 

 

営業で相手から情報をどれだけ取れるか

 

 

上手く相手のニーズを聞き出し、かつ信頼を得た後に、ニーズに沿ってピンポイントで商品の説明をするから、セールスにつながるのです。

 

「無口だから営業はできない」ことはなくて、話がうまいか下手かも関係ないことがご理解いただけたかと思います。

 

「無口を克服したい人」にとって営業は、コミュニケーションスキルを身につけるいい方法。

 

さらに相手の要求を満たすものを提供できるかが、営業としての資質が問われるところであって「やりがい」にもつながっていくんです。

 

まさお
成果をあげることができれば、きっと報酬も多く得られるようになりますよ

 

無口だからと思いこみすぎてはいけない

 

 

無口を克服するためというよりも、たくさんの人と接して自分は本当に無口だったのかなと思えるくらいがちょうどいいと思います。

 

営業はノルマがきついとか、嫌な相手とも無理して対応しなきゃならなかったり、デメリットはありますが、先程のとおり、相手から信頼をもらえて成果を出せれば、達成感が得られるものです。

 

営業でお客様の悩みを解決する仕事をしてみませんか?

 

 

無口な人でも無口な性格を克服することなく営業はできる

無口な人でも無口な性格を克服することなく営業はできる


転職サイトを職種別で見ていると営業職はたくさんヒットします。


ただ件数が多すぎて、どれを選べばいいかわからなくなりませんか?

 

 

転職エージェントを使ってみる

 

 

営業職を探すのにどこから探せばいいか迷ってしまうなら、安定して内定を獲得するために転職エージェントに登録するのが一般的です。


転職でうまくいかない人の多くは、転職サイトかハローワークだけを利用して転職活動をしているので、「少しでも自分の理想に近い内定」を獲得したい方はエージェントの活用をオススメします。


エージェントを使うことにためらいを感じている人もいるかもしれませんが、求人紹介・応募書類の添削、面接サポートまで「全て無料」で行ってくれるサービスです。


まさお
おすすめの転職エージェントをまとめたので、転職を検討している方は一度チェックしてみてください。


【オススメ転職エージェント】

エージェント名
特徴
リクルートエージェント
リクルートエージェント

  • 20万件以上の求人
    • 大手だからできる転職フルサポート体制


doda

  • 豊富な求人数と質の高さが評判
    • カウンセラーの細やかな配慮

 

オススメの転職エージェント
  1. 「 リクルートエージェント 」
  2. 「 doda 」

転職エージェント「 リクルートエージェント 」

リクルートエージェント


「 リクルートエージェント 」の特徴
  1. 20万件以上の非公開求人
  2. 転職支援実績No.1
  3. 転職活動をフルサポートしてくれる

 

 

私は、「 リクルートエージェント 」のサービスを使って転職しました。

 

担当者の対応は可もなく不可もなくでしたが、サポート力は抜群で、転職活動中の不安はすべて相談できました。

 

 

求人数、内定実績ともにダントツの業界No.1。最大手ならではの幅広いサービスを受けられます。

 

という理由からも「 リクルートエージェント 」が最もオススメです。

 

 

求人数、内定実績ともにダントツの業界No.1。最大手ならではの幅広いサービスを受けられます。

 

 

また「 リクルートエージェント 」独自のイベントや転職セミナーも開催しており、業界研究や応募先企業の検討に役立てることができます。

 

 

また独自のイベントや転職セミナーも開催しており、業界研究や応募先企業の検討に役立てることができます。

 

 

まさお
リクルートエージェント 」に相談すれば、転職のすべての悩みはアドバイスをくれます


\簡単5分で登録可能!/

 

 

転職エージェント「 doda 」

dodaについて

「 doda 」の特徴
  1. 10万件におよぶ求人数
  2. 大手ならではの手厚いサポート力
  3. 独占求人が多数存在


リクルートエージェントと 「 doda 」 も一緒に登録しておくことをオススメします。

 

 

私が転職活動で利用した際にも、かぶっている求人はあったものの、どちらかにしか掲載されていない独占の求人も多数存在していました。

 

 

ですので、リクルートエージェントと 「 doda 」 の2つを登録しておくだけで、他の転職エージェントとかなりの差をつけて転職活動を有利にすすめることが可能です。

 

 

さらに、IT/Webやメーカー、営業職といった特設サイトも用意されているので、より自分の希望に近い転職が実現できます。

 

 

まさお
総合転職エージェントでありながら、専門性も高いエージェントです

 

 

\簡単5分で登録可能!/

 

参考>>【 最新版 】doda は本当に使えるサービスなのか?

 

 

まとめ:無口な人でも営業はできます

まとめ:無口な人でも営業はできます

 

無口な人でも営業マンとして成果を挙げている方はたくさんいます。

 

無口なことを逆手にとって、誠実さを売りにすろことができれば、相手からの信頼感も得ることができるので、営業の「やりがい」は感じられます。

 

あなたのイメージしている営業マンだけが成果を出しているわけではなく、いろんな人がいていろんな営業の方法があり、正解はありません。

 

人それぞれの性格やスキル、経験によって営業スタイルは異なります。

 

あなたも無口な性格を活かしながら、オリジナリティのある営業マンを目指してみてはいかがでしょうか。

 

おわり。