転職したい…けど失敗したくない。でも、もう人間関係に疲れた…

会社の人間関係に疲れて転職したいけど失敗したくない 転職


迷える子羊
会社の人間関係にはもううんざり。転職しようかな…
マサオ
ちょっと待って。何が問題なのか考えてから先に進んだ方がいいよ。


会社の人間関係に不満を抱え、転職を考える人は少なくありません。
ただいきなり辞めるのは得策ではないんです。

転職する前に人間関係で失敗しないためには、まずは人間関係の原因を把握することが重要です。

  1. 会社の人間関係が辛く感じる
  2. 会社の人間関係を改善したいと思っている
  3. 会社の人間関係に疲れて転職を考えているけど失敗したくない
こんな悩みを持った方向けに書いています。





すでに転職したいと考えているあなたへ。
仕事を辞めたいと感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のが有効です。
dodaでは働き方についての悩みを完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてください。

会社の人間関係が原因で退職する人は多い

会社の人間関係が原因で退職する人は多い
会社以外でも対人関係に関する悩みは、話題に上がることがよくあります。特に長時間過ごす会社や職場では、人間関係で悩む人も多くなります。

エン・ジャパンでは、ユーザー1万人を対象に「職場の人間関係」についての意識調査が行われました。

【図1】人間関係が転職のきっかけになったことはありますか。
人間関係が転職のきっかけになったことはありますか。

【図1】引用:エン・ジャパン

【図2】「人間関係が転職のきっかけになったことがある」と回答された方に伺います。きっかけになったのは誰との人間関係でしたか?
「人間関係が転職のきっかけになったことがある」と回答された方に伺います。きっかけになったのは誰との人間関係でしたか?

【図2】引用:エン・ジャパン

意識調査で最も多かった「人間関係への不満」(14.1%)は今年も3番目に多く、依然として上位に入っています。
また「上司に気に入られた人が評価される」「上司と仕事のやり方が合わなかった」などの回答から、上司や同僚との間で感じるストレスや、上司からの評価に対し不満を抱いたことが退職のきっかけになっているようです。
引用:エン・ジャパン

会社の人間関係がつらく感じる悩みの原因

会社の人間関係がつらく感じる悩みの原因
会社での人間関係に対処するために、まずは原因を把握することが重要です。

根本的な原因を探っていきましょう。

  1. 孤立している
  2. 苦手な人がいる
  3. いじめられている
  4. 上司や先輩に振り回される
  5. ハラスメントに遭っている

孤立している

孤立している

会社や職場で、感情を露骨に出していませんか?

自分の仕事しかしない人や困っている人の手伝いをしない人は、自分を最優先に生きているため人間味に欠けて職場では嫌われる傾向にあります。

孤立してしまうと、仕事を手伝ってもらうことも難しくなり、人の分まで責任を負うなどして負担が増えてしまいがちです。

繊細でまじめな人ほど、自分で責任を負ってしまい孤立状態に陥ります。
孤立しないように周囲に相談して解決したいところですが、職場環境によっては改善は難しくなります。

苦手な人がいる

苦手な人がいる

会社や職場で自分に関係のある人で苦手な相手がいるとやりづらさを感じてしまいがちです。

同じ空間にいるだけでも気分が下がったりもします。苦手な人と関わることで嫌な緊張感やストレスを感じることがあります。

あなたが一方的に苦手だと意識している場合もありますが、なるべく接点を持たないようにして接する機会を最小限にするのもひとつの方法です。

職場にいる面倒な人や合わない相手が原因で、会社の人間関係に悩む人も多くいます。

いじめれている

いじめられている

元々いじめとは、自分より弱いものをいじめることで自分の存在意義を確認しているのです。

具体的には下記のようなことがいじめに繋がることがあります。

  1. 真面目
  2. 声が小さい
  3. 控えめで口下手
  4. 仕事の覚えが遅い
  5. 仕事ができ過ぎる
「仕事ができ過ぎる」は妬みですが、これもひとつの原因になります。

転職がうまくいかない

【30代向け】転職でうまくいかない人の共通点はコレ

上司や先輩に振り回される

いじめられている

「何もしない」、「仕事のできない」上司や先輩に指示されて嫌な思いするのも原因の一つです。

さらには「根本的に性格が合わない」、「生理的に受け付けない」や「部下が失敗するとすぐ感情的に怒る」なども不満やストレスが溜まる要因になります。

ハラスメントに遭っている

ハラスメントに遭っている

ハラスメントとは
相手に対して行われる「嫌がらせ」のこと
職務上の地位や人間関係などを背景に相手に嫌がらせを行う行為を「パワーハラスメント」、男女問わず性的な嫌がらせを行う「セクシャルハラスメント」など様々な種類のハラスメントが存在します。

同僚や部下からの嫌がらせでもハラスメントに相当する可能性はあります。

たとえ本人にそのつもりがない場合でも「相手を傷つける」、「苦痛を与える」など
不利益を与える行為はハラスメントに該当します。
「人間関係」を理由にした人の中には、「パワハラ」や「モラハラ」といった行為により、退職を決意するまでに追い込まれた人がいることもわかりました。

会社の人間関係を改善するための具体策5つ

会社の人間関係を改善するための具体策5つ

次に職場で人間関係を修復するための改善策を紹介します。

  1. 言葉で表現してみる
  2. 話す時の表情を意識してみる
  3. 相手によって態度を変えない
  4. ネガティブな発言は控える
  5. 孤立しても気にしない
職場での人間関係がうまくいかないのは、あなたが知らないうちに周りへ不快感を与えているからかもしれません。

言葉で表現してみる

言葉で表現してみる

コミュニケーションが苦手だという人もいると思います。

自ら挨拶をして積極性を出すのも一つの改善方法です。

「おはようございます」から始めてみる


「そんなことで変わるわけない」と思いがちですが、朝の挨拶って結構できていない人が多いんです。

挨拶をする理由は、「相手への尊敬や親愛を気持ちを表す」なんです。
朝からモヤモヤするくらいなら、積極的に挨拶をして相手に好意を示していきましょう。

挨拶は相手とのコミュニケーションのきっかけになります

「ありがとうございます」を素直に伝えてみる


些細なことでも感謝の気持ちを伝えると相手もコミュニケーションが取りやすくなります。
挨拶と同様に感謝の言葉も積極的に伝えてみましょう。

「ありがとうございます」と言われて嫌な気持ちになる人はいませんよね

相手に何かしてもらったら、感謝の気持ちを素直に伝えてみてください。

話す時の表情を意識してみる

話す時の表情を意識してみる

話し方もボソボソと話すのではなく、ハキハキとしゃべることで見違えるようになります。

姿勢の悪さも悪い印象を与えかねません

正しい姿勢を意識することで、仕事への姿勢も評価されやすくなります。

また、相手の為にも職場ではきちんとした服装と表情には気を付けておきましょう。

ここは思い切って大袈裟なくらい、明るい感情を表現できれば周りからの見方も変わるはずです。

マサオ
ただし、やりすぎには注意してね。
自分では普通だと思っても、相手からしたら「非常識」だと思われかねません。最低限のマナーは身に付けておきたいところです。

相手によって態度を変えない

相手によって態度は変えない

人によって態度を変えることで、職場では悪い噂をされることもあります。

意識的に態度を変える人


上司や先輩、利害関係にある人に対しては意識して好意的に振る舞うのに、後輩には厳しく冷たい人は相手に優劣をつけている行為で、職場では嫌われてしまいます。

ネガティブな発言は控える

ネガティブな発言は控える

ネガティブな発言の多い人の周りには近寄りたくないと思われがちです。

よくあるのが、「あの人はあんな人だから」と周りから噂されること。そう思われない為にも、ネガティブな発言は控えるべきです。

周りとの距離感がある
と思ったら、ネガティブな発言は単なる癖に過ぎないので、改善していきましょう。

ポジティブな発言ができるように、気持ちを変えてみることもひとつの方法です。

例えば「面倒な作業だけど、これをやれば相手に喜んでもらえる」や「自分の担当する仕事ではないけど、助けてあげよう」など
ポジティブな気持ちになることで、周りもその変化に気づいてくれることもあります。

孤立しても気にしない

孤立しても気にしない

感情を露骨に出してしまうと孤立してしまうことがあります。
職場で馴染めないとしても、「周りから嫉妬されているだけ」と割り切っておく。

例えば、仕事ができる人が孤立していたとします。
「あいつは結果を出しているのを面白く思っていない。仲間外れにしているだけだな」と。
捉え方によっては、周りの人がかわいそうに思えてくるため孤立してても気にせず仕事に打ち込める可能性も高くなります。


煩わしい人間関係から解放されれば、余計なことで頼み事や他人の業務に時間をさかれることもありません。

自分の仕事に集中でき、結果が出るようになれば周りからの評価も変わるはずです。

価値観の違う人とでも堂々と接するためには「揺るぎない軸(自信)」を持つことです。

転職で失敗しない為の損しない&得する生き方

【35歳向け】転職で失敗しない為の損しない&得する生き方【方法は3つ】

改善してみてダメなら検討すべきこと

改善してみてダメなら検討すべきこと

退職をすることも一つの手段ではありますが、まずは周囲に相談することも考えてみてください。

家族や友人に相談してみる

家族や友人に相談してみる

人間関係で悩んでいるなら一人で悩まずに、家族や友人に相談してみる方法もあります。

人に話すことで気持ちがスッキリする、第三者の客観的な意見も聞けるので適切な判断材料にもなります。

友人に相談してみたら「同じ悩みを持っていた」なんてこともあり得ます。

同じような経験をしたような人に、どのように解決したのか聞くこともできるので、身近な人に相談するのは有効な手段です。

それでも環境や気持ちが変わらないなら退職するのもあり

  1. 転職エージェントを利用する
  2. 転職口コミサイトを利用する
  3. 退職代行サービスを利用する

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用する

転職活動は、退職前から行うようにしてください。
退職してから空白期間があると、転職には不利に働きます

また無職だと貯金を切り崩しながら活動しなければならないので、お金の面で不安になって焦り、妥協してしまいがちです。

人間関係が辛くて転職したいあなたへ
転職先を探すなら、求人数業界No.1の「doda」

転職口コミサイトを利用する

転職口コミサイトを利用する

行きたいと思う会社が見つかったら、まずは希望先の会社の口コミを見て、どういう会社か判断しましょう。

転職で失敗をしたくなれば、会社情報や口コミはチェックしておくのが効果的です。

退職代行サービスを利用する

退職代行サービスを利用する

転職先が決まったら、会社には退職する意思を伝えなければなりません。

人間関係が悪すぎて退職を言い出せないなら退職代行サービスを利用するのが有効的な手段です。

メディアでの掲載実績は業界ナンバーワンです。LINEでも相談できます。

会社への連絡は EXIT が代行しますので、もう上司と話す必要はありません。退職届の提出や貸与品の返却も郵送で済みます。

まとめ:転職したい…けど失敗したくない。でも、もう人間関係に疲れた…

まとめ

会社の人間関係が原因で退職する人は多くいます。
少しでも「辛い」と感じたら無理して頑張る必要はありません。

本当に辛い時は、無理せず退職をするのも一つの手段です。

  1. 会社の人間関係が辛く感じる
  2. 会社の人間関係を改善したいと思っている
  3. 会社の人間関係に疲れて転職を考えているけど失敗したくない
この記事があなたの人間関係の悩みを解決する参考になれば幸いです。