働くことがつらくなったら仕事は辞めていい【脱出方法を解説】

働くことがつらくなったら仕事は辞めていい 仕事の悩み



悩んでいる人
上司に叱られてまで働くのはつらい


普段会社で仕事をするサラリーマンにとって、一度や二度は「働くのがつらい」と考えたことがある人は多いはず。


一度つらいと感じてしまうと、気を取り直して頑張れるほどの精神もなくなっていたりします。


それでも我慢して働くのは好きな仕事だから?


そうではないはず。つらくなったら休みましょう。


なぜなら、「仕事のストレス」を原因として精神面に不調をきたす人は非常に多いんです。


本記事の内容
  • 仕事がうまくいかない
  • 仕事のストレスでイライラする
  • 働くのがつらくて転職しようか悩んでいる
このような不安を抱えている方の悩みを解決していきます。


先日このようなツィートがありました。


一例ではありますが、そこまでして働くのは何のためでしょうか?


生活のため、職場のため、家族のため、同僚のため、上司のため、会社のため。


何のために仕事をするかは人それぞれですが、仕事のストレスによって体に不調をきたす人は多い事実は知っておいてください。





ストレスの原因に多いのはコレ


出典元:厚生労働省


ストレスの内容を具体的に見ると(2012年の調査結果)、人間関係(41.3%)が最も多いんです。


また「仕事のストレス」を原因として精神面に不調をきたす人は多いとお伝えしましたが、厚生労働省の調査では「仕事や職業生活でストレスを感じている」労働者の割合が


”60.9%”


という結果が出ています。


自分を殺してまで仕事に身を捧げるのは本当におそろしいことと思います。

働くことがつらくなったら仕事は辞めていい

働くことがつらくなったら仕事は辞めていい


どんな立場や状況であっても働くのがつらいなら辞めていいんです。ためらう必要はありません。


我慢して働いて得することは何か考えてみると…


「残るのは社会のストレスに押しつぶされた身体のみ」


ということに気づくと思います。


なぜなら、もしあなたが体調を壊して仕事ができなくなったところで、今の会社があなたを一生面倒みてくれることはありません。


まさお
最終的な「辞める?」「辞めない?」の判断は、あなた自身が決断するしかないのです


なので、働くのがつらくなったら身体を壊してしまう前に働き方を変えませんか?


「辞める?」、「辞めない?」の判断軸をしっかり決めておくことが大事になるわけです。

どうしてこんなつらい思いをして働かなければならないのか?

どうしてこんなつらい思いをして働かなければならないのか?


会社から評価されようと思うがあまり、頑張りすぎてしまって気づいたら体調を崩したなんて経験ありませんか?


これ、続けていると知らず知らずのうちに過度のストレスに陥って働けない体になってしまいます。


壊れてしまってからでは手遅れです。身体を簡単に元気な状態に戻すことはできません。

リスクを減らすことを考える



つらい気持ちのまま同じ会社にしがみつきながら働き続ける必要はないと思います。お金のため、将来が不安だからと理由はあるにせよ、体を壊してまで働き続けたところで、病気になってしまっては働くことだってできなくなります。


住めば都という言葉があるように、会社や仕事に慣れてしまえば、考える必要がなくなるから楽でいいなんて考えは危険です。


思考停止のがよっぽど将来不安だと感じます。




仕事は辞めてみると考え方が変わります。


まさお
30歳過ぎてから2度転職していますが、1社に依存して働いてしまうと新しい変化に柔軟に対応できなくなってしまいます


営業職で例をだすと、前の会社ではないことが当たり前だった「営業日報」が、新しい会社では毎日営業日報を提出しなければいけないとか。


それが原因で上司にブツブツ文句を言われ、つらいと感じるなら我慢して働き続けることはありません。


まさお
会社を辞めたら人生終わるはウソ


仕事がなくなったら不安になることはありますが、しかしスキルを身に付けておけば、働き方は選べる時代です。


つらくなって身体を壊してからでは遅いので、対策はしておきましょう。


働くのがつらいと感じたらとってほしい具体的な対策

  1. 友人に相談する
  2. 休息をとる
  3. 転職を検討する


友人に相談する



一人で抱え込んでしまうと悩みを解決するのは難しいものです。


そんな時は友人や知人と話をすることで、つらい気持ちが和らげられる場合があります。


まさお
愚痴とか重い話はなるべくさけてね

休息をとる



疲れを感じたら休むことも必要です。


無理すれば、働きつづけることはできますが、体にとっては何もいいことはありません。


まさお
健康でなければ、仕事だってできませんから


仕事がつらいなら辞めていい【未来を生きよう】

仕事がつらいなら辞めていい【未来を生きよう】

転職を検討する



今の会社で働くのがつらいのであれば、転職をすることも検討してみてください。


なぜなら、いつでも転職ができる状態にしておけば心の負担も少なくなります。


さらにはつらい気持ちで同じ会社に居続けても、悩みを解決するのは困難です。この状態だと、今後「どうするか」の判断は早ければ早いほどいいでしょう。


まさお
私の場合は社内の人間関係のつらさを理由に転職を決意しましたが、精神が崩壊する前に決断してよかったと思います

転職することを決意した理由



転職を決意してすぐに転職活動をはじめましたが1社では不安すぎたので、2社に登録しました。


理由は

  • たくさんの求人をみて判断したかった
  • なるべく早く楽して転職を決めたかった
  • キャリアカウンセラーのアドバイスが欲しかった


今の会社で働くのがつらいなら、違う仕事を探そう

営業職はつらいと思ったら、違う仕事を探そう


転職サイトってものすごい数の求人で条件絞るだけでも大変ですよね。


しかも求人の検索から応募、面接日程の調整まで全て自分でやらなければいけません。


いますぐ転職をしなくても、いい求人情報だけはおさえておきたいという人が増えています。


転職する際の一番の悩みは、他の会社でもうまくやれる自信がなかったり、不安なことを考えすぎて動けなくなるパターンです。


転職エージェント「 doda 」の調査結果では、55.5%の人が転職することに不安を抱えています。

転職でうまくいかない人の多くは、転職サイトかハローワークだけを利用して転職活動をすすめているので、「少しでも自分の理想に近い会社」を探したい方はエージェントを活用してください。



エージェントを使うことにためらいを感じている人もいるかもしれませんが、求人紹介・応募書類の添削、面接サポートまで「全て無料」で行ってくれます。


まさお
おすすめの転職エージェントをまとめたので、いますぐ転職しなくても登録だけはしてください。


【オススメ転職エージェント】

エージェント名
特徴
リクルートエージェント
リクルートエージェント

  • 20万件以上の求人
    • 大手だからできる転職フルサポート体制


doda

  • 豊富な求人数と質の高さが評判
    • カウンセラーの細やかな配慮



オススメの転職エージェント
  1. 「 リクルートエージェント 」
  2. 「 doda 」

転職エージェント「 リクルートエージェント 」

リクルートエージェント


「 リクルートエージェント 」の特徴
  1. 20万件以上の非公開求人
  2. 転職支援実績No.1
  3. 転職活動をフルサポートしてくれる


私は、「 リクルートエージェント 」のサービスを使って転職しました。


担当者の対応は可もなく不可もなくでしたが、サポート力は抜群で、転職活動中の不安はすべて相談できました。

求人数、内定実績ともにダントツの業界No.1。最大手ならではの幅広いサービスを受けられます。



また「 リクルートエージェント 」独自のイベントや転職セミナーも開催しており、業界研究や応募先企業の検討に役立てることができます。


まさお
リクルートエージェント 」に相談すれば、転職の不安は解決できます


\簡単5分で登録可能!/

転職エージェント「 doda 」

dodaについて

「 doda 」の特徴
  1. 10万件におよぶ求人数
  2. 大手ならではの手厚いサポート力
  3. 独占求人が多数存在


業界大手の信頼感はハンパないです。担当者の対応は正直「リクルートエージェント」より上だと感じました。

リクルートエージェントには及ばないものの、求人数と求人の質は業界トップクラスです。登録は無料でできますので、転職サイトと比較するだけでも価値はあると思います。



また、IT/Webや営業職など専門職向けの特設ページもあって、より自分の希望に近い転職が実現できます。


まさお
大手で専門性の高い転職エージェントといえます


\簡単5分で登録可能!/
>>参考【 最新版 】doda は本当に使えるサービスなのか?

まとめ:明るい未来があなたを待っている

まとめ:明るい未来があなたを待っている


今の会社でしか働くことができないと不安になっているならば、副業でスキルを磨いてリスクを減らすことを考えてみてはいかがでしょうか。


少しでも気持ちに余裕が生まれれば、きっといい人生になるに違いありません。


この記事があなたのほんのちょっとのお役に立てれば幸いです。


おわり。