人生負け組から勝ち組になるための方法とは?【ネタバレ:働き方3つ】

人生負け組から勝ち組になるための方法とは?【ネタバレ:働き方3つ】 仕事の悩み
まさお
サラリーマンブロガーのまさおです。

  • 営業職歴12年
  • 転職経験4回

【副業】ブログで転職や仕事の悩みについて書いています

 

女性からチヤホヤされて、仕事も稼ぎがよくて、なにより人生が充実している人に憧れて「俺もいつかはあんな勝ち組人生が送れるようになりたい」と思うことってありますよね。

 

そもそも人生勝ち組と負け組とは何が基準なのでしょうか。

 

結論から言ってしまえば、人生勝ち組も負け組も基準となるものはないので、人によってその要素は異なります。

 

しかし、一般的には以下のように分けられます。

  • 年収が高い
  • 仕事などのやりがい
  • プライベートが充実している

 

自分にない能力をもっていたり、一芸に秀でた人を見ると羨ましく思ったりすると、「私にはそんな能力がなくて…」とあたかも人生が負け組であるかのように感じがち。

 

人生負け組から脱出したいなら、行動と見えない努力をするしかない。

 

あなたの人生はあなたが決めるものです。

 

世間一般に年収1000万円あれば、勝ち組と定義されてきましたが、今では600万円あればもあればいいという考えに変わりつつあります。

 

商品の質やサービスがわりと安価で手に入れられる時代であるため、そこまでお金がなくてもちょっとした工夫で充実した生活が送れるのも背景にあるかもしれません。

 

なので、年収だけでなく、収入はほどほど、いかにプライベートが充実しているか、ということが勝ち組の定義に浸透しつつあります。

 

勝ち組の職業、負け組の職業の特徴を踏まえつつ負け組から勝ち組になる方法をご紹介します。

 

この方法を知るか知らないかで5年後、10年後のあなたの未来は「天と地」ほどの差がつきますよ。

 




負け組の職業の特徴

負け組の職業の特徴

 

負け組の一般的な認知として

  1. 年収が低い
  2. 重労働の仕事
  3. 働く以外プライベートが充実していない

 

この3つが当てはまる人を「負け組」といいます。

 

では、1つずつ見ていきましょう。

 

年収が低い

 

経済的に余裕がないとプライベートが充実しない

 

このタイプの人は常に「お金がない」と周囲にこぼして、働くこと以外の努力をしない。

 

アルバイトやフリーターの人は自分は人生負け組だという考えに陥りやすいんです。

 

では正社員と非正規雇用では収入でどの程度の格差があるでしょうか。

 

正規雇用と非正規雇用の年収差

正社員と非正規雇用の年収差
引用元:厚生労働省賃金構造基本統計調査

 

グラフから、20代後半から収入の格差は広がる一方なのが読み取れます。

 

すでに20代から勝ち組と負け組で差がつくことは目にみえてわかりますね。

 

年収にフォーカスすると、正社員に比べて非正規雇用者は負け組であるといえます。

 

まさお
業界によっても年収格差はかなりありますよね

 

重労働の仕事

 

労働環境が悪い職業の人も負け組といえます。

 

たとえば、
「3K」って聞いたことありませんか?

 

3Kとは
きつい汚い危険の頭文字をとった労働のこと

 

たとえば、建築や土木系の仕事、また介護や看護などの仕事があてはまります。給料のわりに仕事内容や労働条件がとにかく悪いイメージです。

 

さらには

  • ブラック企業
  • 給料も少なく、やりがいもない
  • 給料は一般的でハードワーク
  • 毎日残業させられるのに残業代が出ない

 

こういったケースも労働環境が悪いといえます。

 

またいくら大企業に勤めていても、人間関係や労働環境が悪ければ例外ではありません。

 

就職や転職のさいに企業を選ぶ基準は人それぞれですが、やはり年収は気にするところ。

 

しかし年収が高いからといって労働環境がいいかは実際に働いてみないと判断つかない部分でもあります。

 

なので、誰もが人生勝ち組から負け組へ転落するケースは出てきます。

 

たとえば
正社員で役職もついてそれなりの地位にいたにもかかわらず、上司や経営者が変わって瞬間うまくいかなくなり、人生転落してしまった」なんて話も珍しくありません。

 

働く以外プライベートが充実していない

 

仕事だけではなく、プライベートが充実していないのも人生負け組といわれてしまいます。

 

ちょっと前までは「大企業=人生勝ち組」と思われていましたが、その考え方も変わりつつあります。

 

最近では商品やサービスの質は上がる一方で年収が上がりにくいことが問題になっています。

 

逆にいうと安価で良い商品やサービスを受けられるため、年収だけが人生を豊かにする時代ではなくなっているわけです。

 

  • 年収はそこそこ、しかし独り身で趣味もなく、仕事だけしかやることがない
  • 収入はそれなりにあるが、多忙すぎてお金を使う暇がない

 

本人次第ではありますが、このような人たちも負け組といわれる時代であります。

 

いくら一部上場の会社といえども、労働環境が最悪でさらには人間関係もうまくいっていなければ、人生負け組といわれても仕方ありません。

 

人生勝ち組の職業とは

人生勝ち組の職業とは

 

勝ち組といわれる人の職業は、人生負け組の人とはほぼ反対であるといえます。

 

  1. 年収が高い
  2. 重労働の仕事ではない「やりがいがある仕事」
  3. 仕事もプライベートも充実している

 

年収が高い

 

順位 職業 平均年収
1位 航空機操縦士 2054万円
2位 医師 1220万円
3位 大学教授 1094万円
4位 公認会計士、税理士 914万円
5位 歯科医師 899万円
6位 大学准教授 878万円
7位 記者 817万円
8位 弁護士 772万円
9位 大学講師 755万円
10位 一級建築士 740万円

引用元:厚生労働省賃金構造基本統計調査

 

年収ランキングをご覧のとおり航空機操縦士、医師、大学教授が年収1000万円を超えています。

 

収入においてこれらの職業は、人生勝ち組といえます。

 

重労働の仕事ではない「やりがいがある仕事」

 

個人能力が高く、やりがいのある職業の人は勝ち組と区別されるでしょう。

 

年収がすべてではない

 

年収がそこそこでも、やりがいをもって仕事をしている人たちにとっては勝ち組といえます。

たとえば、

  • プログラミングが好きで、平日休日関係なくパソコンに夢中な人
  • 猫が好きすぎて、事務仕事から猫カフェ店員に転職した人

 

やりがいや好きなことを仕事にしている人たちも人生勝ち組であるといえます。

 

仕事もプライベートも充実している

 

いくら年収が高くても、プライベートが充実していなければ、人生負け組。

 

反対に年収が低くてもプライベートが楽しめている人は人生勝ち組です。

 

給料は生活に困らない程度で、残業や休日出勤もなく趣味や旅行に没頭できる環境にいる人も、人生勝ち組であるといえますね。

 

30代は働き盛り

30代は働き盛り

 

ちなみに30代ではどうでしょうか。

 

勤続年数が5年や10年となると、会社では昇進して役職がついたりします。

 

さらには後輩ができると、マネジメントという仕事が増えます。

 

当然役職がつけば、給料も昇給するわけですが、その分仕事量が多くなり自分の時間など取れません。

 

まさお
もとより忙しい30代は家族を養うため、生活費もかかりますし、働かざるを得ませんよね。

 

今の給料ではとても生活できないとか、もっとプライベートを充実させたいと考えているならば、キャリアアップを目指して転職する方法があります。

 

負け組人生から勝ち組に挽回する方法

負け組人生から勝ち組に挽回する方法

 

ここからは、人生負け組から勝ち組に挽回する方法を紹介します。

 

勝ち組と負け組を分ける基準は3つです。

 

  1. 年収が高い
  2. 重労働の仕事ではない「やりがいがある仕事」
  3. 仕事もプライベートも充実している

 

さらに3つの要素を改善して勝ち組になるには次の3つの手段があります。

 

  1. 今の会社で出世する
  2. できることで副業や起業する
  3. キャリアアップを目指して転職する

 

具体的にどの方法がふさわしいか解説します。

 

今の会社で出世する

 

いまの会社で成果を出し、出世すれば給与は上がるでしょう。

 

自身の能力を証明するために責任の大きな仕事を引き受けて大きな報酬を狙う。

 

重要なのは、個人で頑張るだけでは限界があるということ。

 

企業は長く成果を出し続けることのできる仕組みを作れる人を責任ある地位にして、より給与を上げていくもの。

 

したがって、責任あるポジションで、「部下がみな能力に応じて成果を出せる仕組み」を作り出せば、あなたが望む給与を狙うことができるのです。

 

できることで副業する

 

今の会社を辞めることなく、収入を増やす方法があります。

 

それが副業です。

 

最近ではいろんな副業があります。

 

たとえば
  • アフィリエイトなどのネット副業
  • 投資信託などで長期投資
  • アルバイトなどの労働形副業

 

副業にもたくさん種類があって、選び方を失敗すると、時間とお金だけかけて「稼げない」なんてこともあるので注意が必要です。

 

選び方の基準5つ

 

  • 稼ぎやすさ
  • 収益化までの期間
  • 働き方の自由度
  • 経験の応用
  • 安全性

 

副業をはじめる場合はこの5つの点に注意しながら、自分に合うものを探してみるといいですよ。

 

まさお
私は副業にブログを選びました。

 

キャリアアップを目指して転職する

 

まずはあなたがいる業界全体が儲かっているか見極める必要があります。

 

同じ働き方、同じ能力、同じ責任であっても働く場所を変えると給与が上がる可能性もあります。

 

業界全体が好景気の場合は、いい人材がその業界に集中するのでますます給与は上がる傾向にあります。

 

しかし業界がいい状態はずっと続くわけではないため、あなたの実力が問われたり、ひいては他の業界からのお誘いや、大きな成果がないと、低迷する業界に居残ることになりかねません。

 

あなたの市場価値はどのくらい?

あなたの市場価値はどのくらい?

 

今の会社で出世するにしても起業や転職する場合も、あなたのいる業界が儲かっている業界なのかを知っておく必要があります。

 

そこでやっておきたいのが、あなたの市場価値診断。

まさお
在職中に転職活動をするのって時間もなくて大変です。

 

そんな時に試してほしいのが、このサービス。

 

転職アプリのミイダス

 

これから転職活動をはじめようとしている人向け。

 

5分で結果がでます。

 

中身は31個の質問に回答するだけ。

 

自分に最適な市場と想定年収を出してくれます。

 

さらには求人まで見つけてきてくれるんです。

 

まとめると

  • 自分の市場の想定年収がわかる
  • 企業から匿名で直接面接確約オファーが届く
  • 無料で診断できる

 

このサービスの欠点は、同じ内容の求人が届くこと。

 

的外れな求人や案内がきたら無視すれば大丈夫です。

 

▼今すぐあなたの市場価値を調べてみる▼




まとめ:今からでも負け組人生は挽回できる【働き方3つ】

まとめ:今からでも負け組人生は挽回できる

 

人生勝ち組と負け組をきめる要素は以下の3つであると解説してきました。

 

  1. 年収が高い
  2. 重労働の仕事ではない「やりがいがある仕事」
  3. 仕事もプライベートも充実している

 

これら3つの要素を挽回するための方法は

 

  1. 今の会社で出世する
  2. できることで副業や起業する
  3. キャリアアップを目指して転職する

以上の3つです。

 

この3つから自分に合った方法を選び出して、必ずや勝ち組になれるような人生を目指していってください。

 

おわり。