「マイナビエージェント」って使える?使えない?【口コミとメリット&デメリットまとめ】

「マイナビエージェント」って使える?使えない?【メリットとデメリットまとめ】 転職


  • 転職エージェントってどこを使えばいい?
  • マイナビエージェントのメリットとデメリットが知りたい
  • マイナビエージェントの口コミや評判を知りたい



こんな疑問に答えていきます。


いまや転職活動をする際には、転職エージェントの利用はかかせません。


自分で求人サイトに登録して求人を探すよりも、プロに求人紹介や履歴書・職務経歴書の書類添削から面接対策まで全て無料で行ってくれるんですから、話題になるのも当然です。


エージェントは転職活動では大変便利で頼りになる存在ですが、「初めて転職をする」なんて方にとっては「どの転職エージェント」を使えばいいのか全くわかりませんよね。


dodaは本当に使えるサービスなのか?

【 最新版 】doda は本当に使えるサービスなのか?



この記事では、「マイナビエージェント」の評判やメリット・デメリットについてお伝えしていきたいと思います。






マイナビエージェントの評判は実際どうなの?




転職業界での立ち位置は最大手の「リクルートエージェント」、2番手に「doda」、その次の次に「マイナビエージェント」といった感じです。


「マイナビエージェント」の独占求人には定評があります。


一方で求人数はというと、他の大手「リクルートエージェント」、「 doda 」と比べると見劣り感は否めません。


そして、こんな疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

マイナビエージェントとマイナビ転職の違いはなに?



「マイナビエージェント」と「マイナビ転職」って正直違いがよくわかりませんよね。


それぞれの特徴から違いを見ていきましょう。


「マイナビエージェント」の特徴
  • 専任のキャリアアドバイザーが求人情報を紹介してくれる
  • 応募から内定まで一貫して無料で転職活動をフルサポートしてくれる


他の転職エージェントと同じような手厚いサービスを提供してくれます。


「マイナビ転職」の特徴
  • 無料で登録して使える
  • たくさんの求人から選びたい人向け


「マイナビ転職」は総合転職サイトであり、サポートは特にありませんので、自分のペースで転職活動を行うことができます。

マイナビエージェントのメリット

マイナビエージェントのメリット


「マイナビエージェント」のメリットは次の通りです。

  • 業界や職種に特化したサービスが受けられる
  • 独占求人情報が多数ある


業界や職種に特化したサービスが受けられる



マイナビエージェントではIT業界や営業職、メーカーなど様々な専門分野に特化したサービスがあります。


業界や職種別に特設のページがあり、わかりやすく簡単に情報を入手することが可能。

  • 業界や職種ごとに専門のキャリアアドバイザーがいる
  • キャリアアドバイザーとは別に企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーがいる
  • テーマ別でセミナーがある



マイナビ専門サイト一覧


業界や職種に精通したキャリアアドバイザーのサポートを受けられるため、より質の高い情報を入手できます。


また専門性の高いキャリアアドバイザーがひとりひとりじっくりと向き合い、応募する求人に合わせた応募書類の添削から面接対策までをサポート。


さらにはキャリアアドバイザーとは別に、企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーが在籍しているので、よりリアルな企業の情報が手に入ります。


他の大手転職エージェントと違い、業界ごとや職種ごとに特化したサービスを提供しているのが「マイナビエージェント」です。

独占求人情報が多数ある



「マイナビエージェント」には独占求人が多数あります。


独占求人とは、企業との信頼関係があって発生する求人であり、書類選考も比較的通過しやすいといえます。


しかし、「マイナビエージェント」の求人情報は、約80%が非公開となっています。


>>>マイナビエージェントの公式ホームページから見てみる

マイナビエージェントのデメリット




次は「マイナビエージェント」のデメリットについてお伝えしていきます。

求人が多くない



上のグラフをご覧いただければ一目瞭然ですが、やはり業界大手の「リクルートエージェント」や「 doda 」に比べると求人数は少ないのは明らかです。


より多くの求人から仕事を探したいのなら、「 doda 」をオススメします。

すべての非公開求人を見られるわけではない



「人気企業の求人で応募が殺到するから」、「新規プロジェクト案件だから」とか、そういった理由で非公開にしているのです。


これは紹介されない限り見ることのできない求人なので、デメリットと言えるでしょう。


ただ前述の通り、各業界に精通した専任のアドバイザーがいるのは「マイナビエージェント」にしかない強みでもありますまで、自分の希望をしっかり伝えることでより最適な求人を提案してくれます。

希望にマッチしていない求人まで送られてくる



他の転職エージェントでもありがちですが、登録したメールに「当てにならない求人」がくることです。


しかも住まいも全然違うエリアの求人を紹介されることさえあります。


とはいっても、たまにはいい求人の情報も入るので、いらない情報は無視していいと思います。

マイナビエージェントのいい評価と悪い評価

マイナビエージェントのいい評価と悪い評価


ここからは「マイナビエージェント」の評価と口コミについて紹介します。

いい評価と口コミ



https://twitter.com/shupe9852/status/1110133379872129025?s=20



悪い評価と口コミ






【結論】転職エージェントは複数社の使い分けが無難

【結論】転職エージェントは複数社の使い分けが無難


結論、転職エージェントは複数登録して自分に合うものを使うのベター。


本命を押さえつつ、他のエージェントの求人もざっとチェックしておくのがいいでしょう。


▼「マイナビエージェント」の登録はコチラから▼



転職エージェントの使いやすさ、キャリアアドバイザーとの相性やそれぞれのエージェントの特徴はありますが、「 doda 」と「マイナビエージェント」を登録しておけば問題ありません。


そんな私も二社を併用して転職活動をしていました。


doda 」と「マイナビエージェント」の複数社に登録して「自分の理想とする転職」を実現してください。


「転職エージェントなんてクソだ」、「連絡がしつこい」みたいなこと言われるかもしれませんが、否定ばかりではいい転職なんてできません。


求人情報を見るだけでOK、連絡は無視していいと思いますので、必ず登録はしておきましょう。


このブログでは「30代の働き方」や「転職での悩み」について書いています。


こちらの記事もよろしければどうぞ

気になる30代平均の転職活動期間は?在職中に活動すべき?退職後に活動すべき?

気になる30代平均の転職活動期間は?いつから転職活動すべき?【その理由は?】



おわり。