通勤時間が長いからという理由で転職することは可能か?【ストレス回避の方法】

通勤時間が長いからという理由で転職することは可能か?【ストレス回避の方法】 転職



あなたは今こんな悩みを抱えていませんか?

転職希望者
通勤時間が長いことを理由に転職はできる?


本記事の内容
  • 毎日満員電車で通勤時間が長くてつらい
  • 長時間の通勤を理由に転職は可能?
  • 通勤時間を減らせる働き方ってない?


「通勤時間が長いから」と転職を考える人はたくさんいるでしょう。


しかし、「通勤時間の長さ」を転職の理由にしていいのでしょうか。


また面接で志望理由を説明するとき「通勤時間が長いから」と本当の理由を言うべきか、はたまた全然関係のない理由を伝えて転職をするべきなのかを考えていきたいと思います。


実際に毎日の通勤によるストレスを減らすことができた実体験をもとに、通勤時間が苦痛で転職を考えた場合の具体的な転職活動の仕方と、それを理由に転職することが可能なのかをお伝えしていきます。

はたして「通勤時間が1時間以上だから」という理由が、正当な転職理由として受け入れられるのでしょうか。



結論、通勤時間が長いことだけを理由にして転職をするのはさけるべきです。





なぜ通勤時間が長いことを理由に転職してはいけないのか?

なぜ通勤時間が長いことを理由に転職してはいけないのか?


通勤時間が長いことの最大の障害は、行き来の大変さではありません。


それよりも長時間の通勤で体調を壊すリスクを考えなくてはならないでしょう。


では以下の理由で転職は可能か検証します。


転職理由
通勤時間が長くて体調をこわして、健康に悪影響が出た


上記の「通勤時間が長くて体調をこわした」という理由での転職は難しいでしょう。


なぜならば、体調不良を訴えるのは悪いことではないけれど、面接官から「通勤にも耐えられないほどのメンタルなのか?」「体調面に不安があるのではないか」と思われてしまう可能性があるから。


そして首都圏に勤務する人の多くが通勤に1時間以上かかるのが「当たり前」であり、自分だけが特別「通勤時間が長い」わけではないということ。


しかし例外もあります。

都内に住んでいて家賃が高いからという理由で郊外に引っ越したはいいが、通勤に2時間かかる。時間次第では仕事を途中で切り上げなければならず、業務に支障がでるなんてことも考えられます。
さらに残業が多く、夜遅くまで働かなきゃいけないこともあり、終電を気にしながら仕事をしていて集中できない。



こんな生活が繰り返し続いていくことで、「精神的にも体力的な面で睡眠時間を削られて体調を崩し、仕事にも支障が出た」という理由だと企業からも受け入れられやすいと思います。


通勤時間が長いと、当然仕事にあてられる時間は限られてしまいます。


さらに取引先とのやり取りや飲み会にも支障が出てくることも。


そして人によっては通勤で満員電車に長時間乗る事により、ストレスなどで体調を崩す事もあるでしょう。


転職希望者
だからこそ通勤時間の長さが原因で体調を崩したことを理由にするべきなのでは?


通勤時間の長さが原因で体調を崩したことを一つの要因にすることは何ら問題ありませんが、主な原因が体調不良であるということは避けるべきです。


なぜならば、体調管理に問題があるなどで採用を控える企業もあるでしょう。


そうなると転職活動では「通勤時間で転職をすること」は不利になりやすい。


まさお
ただし「通勤時間が長くて体に負担がかかるから転職を考えた」と1つの要因にするのはいいかもしれません


また通勤を理由に転職をするのであれば、

  • 通勤時間が長くて体に負担がかかり、体調を崩した
  • 通勤時間が長いため、残業などの業務に支障が出る
  • 通勤手当に上限があり、生活に影響を与える


などといったことを原因に転職することもできますが前述のとおり、それを理由として全面的に押し出すことはやめた方がいいでしょう。


転職希望者
じゃあ本当に通勤時間の長さによって体調を壊して、健康を害した場合は?


一例として下記のような志望理由を考えてみてはいかがでしょうか。

「今の仕事の働き方には満足しているのですが、やはり生活のことを考えると通勤での負担は無視できません。ですので新しい転職先としては、今の業務を最大限に活かせる企業にしたいと考え、その特徴に一番近いのが御社であると思い、志望しました」





しかし、いまや働き方は多様化している時代です。


転職を考えるのであれば、単に通勤時間を短くして負担を減らすことだけではなく、職場で働くという固定概念を取り払うのも必要ではないでしょうか。


次の章では、新しい働き方も含めた転職先の探し方についてご紹介していきます。

「通勤時間が長くてつらい」をなくすための転職先の探し方

「通勤時間が長くてつらい」をなくすための転職先の探し方


まず長時間の通勤をさける転職先の探し方はどのようにすればいいのでしょうか。


  • 始業時間が遅い
  • 時差出勤ができる
  • フレックスタイム制度がある
  • テレワークを活用している


「始業時間が遅い」や「時差出勤」は従来通り、会社に出社して働くスタイルです。場合によっては毎朝の満員電車をさけることは可能になるでしょう。


しかし、通常より遅く出勤した分、仕事の開始時間が遅くなるので、当然のことながら仕事が終わる時間も後ろに延びます。


結局残業しても仕事が終わらず、始業時間前から出社して仕事をしなければならない状況に陥ります。


それを繰り返していき、最終的には転職前と同じ状態に戻ったなんてことも。


といった理由からも、始業時間が遅いやフレックスタイム制はあまり効果としてはないように思います。


では「テレワーク」はどうでしょうか。


まさお
「テレワーク」であれば、毎日の通勤からは解放されます。


週一回の出勤で満員電車に乗るくらいなら、体にもそれほど負担はかからないですみますよね。


まだ「テレワーク」を導入している企業は大手などの一部に限られるかもしれませんが、今後は加速度的に普及すると見込まれています。


政府が推奨すれば、なおさらです。


「テレワーク」が普及することによって通勤時間がゼロになったなんて場合も考えられます。いまや必ず会社に行って働くという時代を終わりを迎えつつあるんですね。


まさお
そんな私は営業職という職業柄、外回りを中心として仕事をしています。どうしても会社に出社してやらなければならない業務もありますが、基本的には出社することはなく、「テレワーク」を活用しています。


転職前の会社では、通勤時間が1時間半とかなり苦痛でした。朝は6時台に電車に乗り、満員電車に揺られ、会社につく頃にはヘトヘト。


さらに残業で夜10時なんて当たり前。そこから帰宅したらもう12時。


食事や風呂など済ませたら1時すぎて、布団に入って翌朝5時半起きなんて生活していたら体調が悪くなるのも当たり前です。


まさお
健康も考えた上で、転職を決意したんです。やはり健康でなければ仕事もできませんから

転職で通勤時間を気にすることなく働ける「テレワーク」ができる企業を探すなら



まさお
私の場合、転職では「 doda 」を活用しました


特に転職サイトで掲載されている求人では、福利厚生について書かれているのに実際は違ったなんてケースもあるようです。


そんな場面を排除するためにも「転職エージェント」を使うべきなのです。


なぜならば、キャリアアドバイザーへ希望を伝えることで自分の希望する条件を考慮して求人を紹介してくれるから。


たまに的外れな求人の案内がくることもありますが、そこは「無視でOK」


自分の使いやすいように使うのが、転職を成功させるためのポイント。


登録して連絡くるのが面倒ってこともあるかもしれませんが、基本は無視で必要な場合にこちらから連絡すればいい。


転職エージェント」は使う倒すくらいの気持ちでいないと、うまくいかないと言えます。

転職エージェントは複数社利用が効果的



▼オススメ転職エージェント▼

エージェント名
特徴

doda

  • 10万件におよぶ求人数
    • 大手ならではのサポート力


マイナビエージェント

  • 業界や職種で選任のキャリアアドバイザーがサポート
    • 大手にはないより細やかなサービスを提供

オススメの転職エージェント
  1. 「 doda 」
  2. 「マイナビエージェント」

転職エージェント「 doda 」

dodaについて


「 doda 」の特徴
  1. 10万件におよぶ求人数
  2. 大手ならではの手厚いサポート力
  3. 独占求人が多数存在


過去私は、「 doda 」のエージェントサービスを使って転職しました。


当時の担当アドバイザーの対応はとてもいい印象でした。


という理由からも「 doda 」が最もオススメです。

求人数、内定実績は業界No.2ですが、最大手と同じように幅広いサービスを受けられます。登録だけでもしておいて損はありません。



また「 doda 」独自のイベントや転職セミナーも開催しており、業界研究や応募先企業の検討に役立てることができます。


まさお
doda 」を活用することで、転職のうまくいかないを解決できますよ


\簡単5分で登録可能!/
参考>>>【 最新版 】doda は本当に使えるサービスなのか?

転職エージェント「 マイナビエージェント 」


「 マイナビエージェント 」の特徴
  1. 業界や職種で選任のキャリアアドバイザーがサポート
  2. 大手ならではの手厚いサポート力
  3. 独占求人が多数存在


使い勝手よさや求人数で見劣りはするものの、独占求人もあるのがポイントです。

求人数はすくないものの、業界に特化した専任のアドバイザーがサポートしてくれます。登録だけでもしておいて損はありません。



また、IT/Webやメーカー、営業職といった専門のサイトも用意されているので、より自分の希望に近い転職が実現できます。


まさお
特化型エージェントに匹敵するくらい専門性の高い転職エージェントです


\簡単5分で登録可能!/
参考>>>「マイナビエージェント」って使える?使えない?【メリットとデメリットまとめ】

まとめ:通勤時間が長いからという理由で転職は避けるべき

まとめ:通勤時間が長いからという理由で転職は避けるべき


「通勤時間が長いから」という理由を志望動機にするのは好ましくありません。


たとえ体調を壊したことが本当の理由であっても、それだけを考慮して採用してくれる企業は少ないはず(よっぽどの理由でない限り)。


辞めようとしている理由はわかりますが、体調を壊したことが「希望先で働きたい理由」にはなっていないからです。


ですので、志望動機は慎重に検討が必要といえます。


もし応募理由や応募書類の書き方で悩んでいるなら、「転職エージェント」を使いましょう!


求人の紹介から応募書類の添削、面接対策までサポートしてくれるうえに、しかも無料で活用できます。


転職活動がうまくいくためにも、ぜひ取り入れておきたいですね。


気になる30代平均の転職活動期間は?いつから転職活動すべき?【その理由は?】
おわり。

転職でやりたいことがみつからない!!【自己分析をする方法を伝授】

転職でやりたいことがみつからない!!【自己分析をする方法を伝授】

転職で何社に応募するべき?【数が多いだけでは受からない】

転職で応募数は何社にするべき?【数が多いだけでは受からない】

会社を辞めてからの転職は不利にならないか?【経験談から理由と対策を紹介】