転職が決まらない人の特徴は?【焦りの原因と対策はコレ】

転職が決まらない人の特徴は?【焦りの原因と対策はコレ】 転職



あなたは今、こんな悩みをかかえていませんか?

転職希望者
  • 仕事がなかなか決まらない
  • 転職活動をしていると毎日が苦痛で仕方ない


などと焦りを感じていませんか?


転職活動をしていて思うのは、いつになったら仕事が決まるんだろうという漠然とした不安です。


そしてその不安が焦りに変わり、うまくいかずに転職活動が長引くなんてことも…


最初に考えておくこととして、「転職活動にはある程度の時間がかかる」ということがわかっていれば、焦りも少なくなります。


大切なのは、「自分の軸を決める」こと、「期間を決めて転職活動をすること」です。


なぜならば、やりたいことがないのに仕事を探していてもなかなか決まりません。


期間を設定することで、やるべきことを明確にすればおのずとゴールは見えてくるはずです。


この記事を読めば、転職が決まらない人の特徴と焦りの原因、対策までがわかるようになります。


気になる30代平均の転職活動期間は?在職中に活動すべき?退職後に活動すべき?

気になる30代平均の転職活動期間は?いつから転職活動すべき?【その理由は?】






Contents

  1. 転職が決まらないと焦りだすのはいつごろから?
  2. 転職で決まらないと焦りを感じる原因は3種類ある
    1. お金にたいしての焦り
    2. 周囲の圧力からくる焦り
    3. 自信のなさで焦る
  3. 転職が決まらないと焦りを感じる人の特徴は?
    1. 転職理由がはっきりとまとまっていない
    2. コミュニケーションが苦手
    3. 自己分析ができていない
    4. ダメだとすぐに落ち込んでしまう
  4. 転職が決まらないと焦りをなくすための対策
    1. さいしょに悩みを書き出してみる
    2. 人に話すことで新たな道がみつかることも
    3. そんな時は転職エージェントのキャリアカウンセラーに話すのもあり
    4. 失敗は成功のもと
  5. まとめ:転職が決まらないと焦りを感じることはない!


転職が決まらないと焦りだすのはいつごろから?

転職が決まらないと焦りだすのはいつごろから?


一般的に転職の平均的な活動期間は3ヵ月と言われています。


ただし転職が決まるのにかかる期間はペースや進め方、目指すべき方向などで個人差があります。


では転職活動で「決まらない」、「辛い」と焦りを感じるのはいつごろからなのでしょうか?


人それぞれではありますが、はじめての転職で不安になりながら活動している人は1社目から焦るかもしれません。


複数回転職を経験している人は、数十社応募しても決まらないといったケースの考えられます。


ずばり、人の感じ方で「決まらない」、「辛い」などの感覚は違うのです。


まさお
私の場合、2か月たっても面接に進めなかったときに焦りを感じました。
その前の転職では2か月で内定をもらうことができていたからです。


期間が長引くことで「決まらない」と焦りを感じるのも当然と言えます。


では転職で決まらないと焦りを感じる原因を深掘りしていきましょう。


人間関係を理由に転職したい方向け【転職エージェントレビューあり】

人間関係を理由に転職したい方向け【転職エージェントレビューあり】


転職で決まらないと焦りを感じる原因は3種類ある

転職で決まらないと焦りを感じる原因は3種類ある


転職が決まらないと焦りを感じる主な原因は3つあります。

お金にたいしての焦り



転職活動が長くなれば、貯金も減ってしまい「このままでは生活すら不安」という焦りが出てきます。


まさお
仕事を辞めてからの転職活動って、貯金を使いながら活動をしなければならなくて不安になりますよね。


仕事もなかなか決まらないとなると、焦りも出てさらに長引く原因にもなります。

周囲の圧力からくる焦り



こんな場面ありませんか?


“家族から小言を言われて焦りを感じる” なんてこと。


時間がかかればかかるほど、家にいづらくこともあるでしょう。


ちょっとしたことからケンカに発展するなんてことにもなりかねません。

自信のなさで焦る



自分の希望で応募した企業で何回も落ちる経験をすると自信もなくなります。


それを繰り返していくと心はズタボロです。


もう焦りどころではなく、無気力といったほうがいいかもしれません。


私の場合、書類選考すら通らずにさらに返事もこないなんてこともあって、「自分は必要とされていない?」とかなり落ち込みました。


口コミサイトにはこういう書き込みがあります。

前回はすんなり転職できたので今回もそこまでかからないだろうと甘い考えでした
なんて書き込みもあるくらい、気をゆるめると「転職が決まらない」と抜け出せなくなってしまうかもしれません。


次に、焦りを感じる多く人がやってしまいがちなパターンを紹介します。

転職が決まらないと焦りを感じる人の特徴は?

転職が決まらないと焦りを感じる人の特徴は?


焦りを感じるということはうまくいっていない証拠です。


そんな方の典型的な特徴をみていきましょう。

転職理由がはっきりとまとまっていない



あなたは転職する理由は明確にありますか?


「とりあえず」や「なんとかなる」を多用する人ほど、自己分析が苦手です。


もし仮に面接までいったとしても、自分の強みや志望理由をうまく伝えることができずに面接官の質問に答えて終わりといったことになりかねません。


doda(デューダ) 」では

  • 自己分析が苦手
  • 自分にあった仕事の探し方がわからない
  • 現状の転職活動にモヤモヤしている
こんな悩みに答えてくれる「適職診断」があります。

コミュニケーションが苦手



よくあるのが、面接までいったのに面接官の質問にしどろもどろになりながら答えて不完全燃焼っていうパターンです。


原因は面接に慣れていないことが考えられます。


さらには普段から、人との関わりが少ないと同じような傾向になります。


面接は回数をこなすと、慣れてくるものです。


転職エージェントでは面接対策をしてくれますので、活用するのも検討してみてください。

自己分析ができていない



面接では「あなたの志望理由」をきかれます。


志望理由で大事なのは、「この会社で自分がどんな活躍ができるか」が説明できるかです。


なぜこの会社でないといけないのか、自分を採用すればどのようなメリットがあるということを語れるかにあります。


志望する会社の特徴とあなたの強みをマッチさせる理由を考えてみてください。

ダメだとすぐに落ち込んでしまう



何十社と応募しても内定がもらえないと焦りも出て落ち込んでしまうのも当然です。


自信のなさは表情や視線からも相手に伝わります。


しかし、あきらめてはいけません。


一生仕事が決まらないわけではないのですから。


もう一度自分に自信をもって、「絶対に仕事を決める」と強い気持ちで転職活動に臨んでみてください。


>>>「dodaエージェントサービス」の公式サイトをみてみる

転職が決まらないと焦りをなくすための対策

転職が決まらないと焦りをなくすための対策


これまでの焦りの原因と焦りを感じやすい人の特徴から、あなたに足りないものを考えてみましょう。

さいしょに悩みを書き出してみる



「転職活動」という行為から少し距離をおいて、客観的に焦りのわけを探っていく。


具体的には

  • どのような人生になりたい?
  • なんのために仕事をさがしている?
  • 自分にとって仕事はどのくらい大事?
など、自問自答して漠然とした悩みをはっきりと並べてみてください。

人に話すことで新たな道がみつかることも



家族や友人、第三者に話しをすることで不安や焦りが少しスッキリします。


ただ転職活動に関する悩みは、家族や友人には相談しにくいもの。

そんな時は転職エージェントのキャリアカウンセラーに話すのもあり



転職に関することを専門にしていますので、転職の悩みや進め方について改善策を提案してくれる強い味方です。


>>>「dodaエージェントサービス」の公式サイトをみてみる


まさお
私の場合は転職サイトを使って自ら求人を探して応募していましたが、応募件数が増えていくと管理が大変になってしまいます。
あわせて転職エージェントを使いながらなるべく効率よく短期間で活動をしました。
そして転職エージェントを1社から3社登録することで、紹介される求人の選択肢も増えたので内定を得ることができました。


例え受けた企業に落ちたとしても、次の応募で「自分には何が足りなかったのか」、「ここをもっと具体的に説明しよう」などと分析して失敗をもとに改善していくことです。

失敗は成功のもと



失敗をするのは決して悪いことではありません。そこから「何を学んだか」が大切。


「次は同じあやまちをしない」と思うだけでも、次の転職活動に活かせます。


焦りを感じてしまうこともあるでしょうが、簡単にいかないからこそ転職が決まったときのよろこびは何ものにも代えがたいものなのです。


今の苦労も生きてきた人生から考えれば、ちょっと時間でしかありません。


行動していれば、不安や悩みに行き着くもの。


悩みをかかえながらも、行動してあなたが目指すゴールを見つけましょう!


>>>「dodaエージェントサービス」の公式サイトをみてみる

まとめ:転職が決まらないと焦りを感じることはない!

まとめ:転職が決まらないと焦りを感じることはない!


私自身30代半ばでのリスキーな転職をしてきて、「決まらない」ことからの焦りを感じることもありましたが、内定をもらうことはできました。


大事なことは、


自分の軸をもつことと、期間を決めて転職活動をすることです。


それでもまだ不安に感じているのであれば、効率よく職探しをするために転職エージェントの活用を検討してみることが大切です。


将来を考えた上で、後悔のない転職活動を再開させてください!


おわり。


気になる30代平均の転職活動期間は?在職中に活動すべき?退職後に活動すべき?

気になる30代平均の転職活動期間は?いつから転職活動すべき?【その理由は?】

【正社員を希望している30代】転職活動に疲れたので妥協して契約社員でもいいか?

dodaは本当に使えるサービスなのか?

【 最新版 】doda は本当に使えるサービスなのか?

【最新版】エンジニア特化の転職サイトランキング【未経験OK】

【最新版】エンジニア特化の転職サイトランキング【未経験者OK】