会社を辞めてからの転職は不利にならないか?【経験談から理由と対策を紹介】

転職



あなたは今、こんな悩みをかかえていませんか?

転職希望者
まだ転職先が決まってないけど、もう仕事をやめたい…
会社を辞めてからの転職で不利になることはない?


本記事の内容
まだ転職先は決まっていないけど、仕事をやめたい
辞めてからの転職で不利になることはない?
実際に不利にならないかどうかを知りたい
この記事はこのような悩みをもった方向けです。


まさお
私は会社を辞めてから転職を2回ほどしてきましたが、不利と感じたことはありません
目指すものがあれば、退職後の転職でも関係ありません。


あなたには、「やりたい」、「成し遂げたい」という気持ちはありますか?


もし「やりたい」、「成し遂げたい」という気持ちを持っていれば、会社を辞めてからの転職でも不利になることはないでしょう。


そうはいっても、退職後の転職にリスクはあります。


事前にリスクを知っておき、対策を立てつつ「会社を辞めてからの転職」を乗り切ってください。





Contents

  1. 会社を辞めてからの転職で不利になることはない
  2. 会社を辞めてからの転職で不利になるケースとは?
    1. 仕事がないとお金もうまれない
    2. なるべくブランクは作らないほうがいい
  3. 会社を辞めてからの転職で不利にならないケースは?
    1. やりたいことを実現するためならOK
    2. 面接でも不利になることはほぼない
  4. なんで仕事をしながらの転職活動は難しいのか?
    1. 仕事をしながら転職活動をするのは大変?
    2. 「もう今にでも辞めたい」という気持ちでいると在職中の転職活動は厳しい
  5. 「もう今にでも辞めたい」という気持ちでいると在職中の転職活動は厳しい
    1. 退職後の転職活動でも短期間で効率よく転職をする方法とは?
    2. 少しでも早く自分の条件に合った仕事をみつけたい場合
  6. 経験談:会社を辞めてからの転職で不利になることはないが・・・
    1. 思いもよらない結果に
    2. しかし、面接でうまくいかなかった
  7. もし面接までたどり着けたらならば
    1. 企業に絶対欲しい人材と思わせられるか
  8. まとめ:会社を辞めてからの転職は不利にならない!


会社を辞めてからの転職で不利になることはない

会社を辞めてからの転職で不利になることはない


退職後に転職活動をはじめるのならば、短期間で集中して転職活動にのぞむことです。


会社を辞めてからの転職活動が失敗しやすいのは、焦りからくる不安と自信のなさと言えます。


では、次に不利になるケースとならないケースをご紹介していきます。

会社を辞めてからの転職で不利になるケースとは?

会社を辞めてからの転職で不利になるケースとは?


会社を辞めてからの転職で不利になるかどうかはその人によるところが大きいのも事実です。


転職活動にかかる期間は個人差があるため、正当な理由があれば必ずしも転職が不利に働くことはないと言えます。


あなたの経験や「やりたいこと」を叶えるために条件に合った企業と出会えるまで活動をしていれば、時間はかかるもの。

仕事がないとお金もうまれない



一番の問題は経済的に余裕があるのかどうかで変わります。


ただし金銭面で余裕があったとしても、転職活動は長引けば長引くほど、精神的に疲れてしまいます。


大切なのは、期間を決めて活動していくことです。

なるべくブランクは作らないほうがいい



ブランクが長いと不利になりやすいことがあります。


転職活動にかかる期間は平均は3ヵ月と言われています。


もし退職をしてからの期間が半年以上あいていると、「その期間は何をしていたのか?」と単純に会社側は疑問に思うでしょう。


転職で不利にならないためにも、短期間で集中して内定をもらいたいところです。


次の章では、転職で不利にならない状況をお伝えしていきます。


転職が決まらない人の特徴は?【焦りの原因と対策はコレ】

転職が決まらない人の特徴は?【焦りの原因と対策はコレ】

会社を辞めてからの転職で不利にならないケースは?

会社を辞めてからの転職で不利にならないケースは?


不利にならないケースをしっておけば、多少ブランクがあっても転職のリスクは少なくできます。

やりたいことを実現するためならOK



「やりたいことがある」「この会社で働きたい」という正当な理由があれば、在職中だろうと退職後だろうとあまり関係ありません。


あとは、企業側がこの人を 雇えば 「会社が儲かる」、「業績アップできる」と 判断できれば 採用の確率はさらに上がるでしょう。

面接でも不利になることはほぼない



不利になる場面で、ブランクがあると不利になりやすいとお伝えしました。


面接官の質問でブランクに関して聞かれることはあるかもしれませんが、正当な退職理由であれば、面接官も疑問を感じることはありません。


もし退職理由を聞かれた場合、前向きな理由を伝えるのが基本です。


たとえ本音は「人間関係」、「給料が安い」であっても、自分がその会社でできることをアピールして評価を上げておきましょう。


たとえ転職活動で時間がかかったとしても、「自分にもどうしても実現したいことがある」と貫き通すことも大事なのです。


ではなんで仕事をしながらの転職活動は難しいのか具体的にみていきましょう。


人間関係を理由に転職したい方向け【転職エージェントレビューあり】

人間関係を理由に転職したい方向け【転職エージェントレビューあり】

なんで仕事をしながらの転職活動は難しいのか?

なんで仕事をしながらの転職活動は難しいのか?


両立しながらやるっていうのは極めて難しいことです。

仕事をしながら転職活動をするのは大変?



仕事をしながら転職活動をするのが難しい理由
  • 日中仕事をしながら、自分で転職サイトから求人を探さなければならない
  • 帰宅して疲れていて求人を探す気にはなれない
  • 土日こそ仕事のことを忘れたい
  • 集中して求人を探している時間がない
  • 忙しいことを理由に求人を探すことを後回しにしてしまう


求人をさがすのも、面接をうけるのもタイミングです。


「やる」と決めたその時にできないと、ずっと先延ばしになるでしょう。

「もう今にでも辞めたい」という気持ちでいると在職中の転職活動は厳しい



なぜならば、気持ちが辞めたいという後向きになっているときには、物事はあまりうまくいかないものです。


それこそ集中して転職活動をする時間がないのであれば、退職後でいいと思います。


あとは会社を辞めてからの転職活動で困らないためにもお金と家族には事前に相談しておきましょう。


さらに退職後の転職活動が不利にならないようにするためには事前の準備が必要です。





退職後の転職が不利にならないための対策

退職後の転職が不利にならないための対策

退職後の転職活動でも短期間で効率よく転職をする方法とは?



会社を辞めてから転職しようと考えているならば、今のうちに志望動機は考えておくといいですよ。


忙しいから転職活動は、退職後と決めている場合にはできるだけの準備はしておくのがベスト。

退職前から準備しておきたいこと

  • 応募書類の準備
  • 転職サイトに登録して履歴書と職務経歴書を作成しておく
  • 時間があるときは求人を検索するクセをつける

少しでも早く自分の条件に合った仕事をみつけたい場合



転職が面倒。


でもすぐにでも転職したいという方は、転職エージェントを利用すると企業への書類の応募から、面接対策、面接日程の調整や入社日の調整まで面倒な手続きをエージェントが代行してくれるんです。


いますぐ転職しないから必要ないという人も、情報収集で使っていたりします。


必ず転職エージェントから仕事を見つけなきゃいけないものではありません。


タダで使えるものは、使い倒すのもいいですし。


まさお
いち早く仕事を見つけたかった私は、「 dodaエージェントサービス 」を利用して転職しました


【最新版】エンジニア特化の転職サイトランキング【未経験OK】

【最新版】エンジニア特化の転職サイトランキング【未経験者OK】

経験談:会社を辞めてからの転職で不利になることはないが・・・

経験談:会社を辞めてからの転職で不利になることはないが・・・


事実、私は退職してから転職活動を行いました。

思いもよらない結果に

当時の私は会社を辞めてからの転職で不利になるなんて思ってもいませんでした。


なぜならば、退職後すぐに面接まで行けたからです。


振り返れば「本当にやりたいこと」ではなかったんだと思います。

しかし、面接でうまくいかなかった



最終面接までいったものの、十分に自分の強みを伝えることができずに不合格。


人間関係を理由に会社を辞めたばかりで働く意欲もあまりなく、面接の場でもなんとなく仕事をしなきゃいけないと真剣ではなかったのです。


その後、知人のキャリアカウンセラーにアドバイスをもらい、書類から面接の臨み方までをレクチャー受けたのです。


感じたのは、「なにかをやりたい」 という行動力が欠けていたのでした。


しかし、後悔していることは貯金を切り崩しながら転職活動をして焦りを感じていたことです。


自信をもって転職を進めていれば、もう少し早くいい結果になっていたのかもしれません。


いずれにしても、知人のアドバイスを受けたことも功を奏して、内定をもらうことができたのです。


dodaは本当に使えるサービスなのか?

【 最新版 】doda は本当に使えるサービスなのか?

もし面接までたどり着けたらならば

もし面接までたどり着けたらならば


もし、その応募した企業の書類選考を通過できて面接までいくことができたならば、面接官に好印象をあたえることができるポイントをお伝えします。

企業に絶対欲しい人材と思わせられるか



企業が転職してくる人に求めているのはなにかを考えてみることです。


具体的な例をあげるとすれば、「その会社に入社してどのように貢献できるか」、「その会社でどのようなキャリアを積み上げていきたいのか」でしょう。


これができていれば、面接官からの信頼度も上がるでしょう。


面接は自分を見せる大事な場面ですので、自信を持って「あなた自身」を表現することです。


【解決法】転職した方がいいのか不安で夜も眠れない

【解決法】転職した方がいいのか不安で夜も眠れない


まとめ:会社を辞めてからの転職は不利にならない!

まとめ:会社を辞めてからの転職は不利にならない!


私の経験したなかでも会社を辞めてからの転職で不利を感じることはありませんでした。


大事なことはあなたの今後どうしていきたいかという意思です。


そこが明確になっていないと、せっかくの転職活動もうまくいきません。


さらには、転職エージェントを使っておくことで、この先の不安も減らせるかもしれません。


dodaエージェントサービス 」ではあなたに最適な「適職診断」をしてくれます。


使えるサービスは活用するのが、転職がうまくいくコツでもあります。


この記事があなたの「やりたいこと」のきっかけになれば幸いです。


おわり。


転職が決まらない人の特徴は?【焦りの原因と対策はコレ】

転職が決まらない人の特徴は?【焦りの原因と対策はコレ】

気になる30代平均の転職活動期間は?在職中に活動すべき?退職後に活動すべき?

気になる30代平均の転職活動期間は?いつから転職活動すべき?【その理由は?】

人間関係を理由に転職したい方向け【転職エージェントレビューあり】

人間関係を理由に転職したい方向け【転職エージェントレビューあり】

dodaは本当に使えるサービスなのか?

【 最新版 】doda は本当に使えるサービスなのか?

【最新版】エンジニア特化の転職サイトランキング【未経験OK】

【最新版】エンジニア特化の転職サイトランキング【未経験者OK】