【30代夫婦向け】転職が成功&失敗しやすい夫の特徴

転職が成功&失敗しやすい夫の特徴 転職


夫が転職をしたいなんて考えていませんか?


転職をするのであれば、今よりいい労働環境や条件の会社に転職してほしいですよね。


成功する為には事前の準備と夫婦でよく話し合う必要があります。


こんな悩みを持った方向けの記事です

  • 夫が転職を考えている
  • 夫が転職するなら失敗させたくない




転職が成功しやすい人の特徴

転職が成功しやすい人の特徴

 
「人生は計画的に」進めることです。


転職に成功している人には共通点があります。ポイントを分かっていれば成功する確率も上がります。

転職する理由が明確である

転職する理由が明確である

成功しやすい人の特徴として、生活習慣の変化を転職の理由にしている人はうまくいきやすい傾向にあります。


例えば
  • 自宅から近いオフィスで働きたい
  • 今の会社に不満を持つ人は少なくないが、会社への不満を理由にするよりも結婚や出産を機にもっとお金を欲しい
などと面接では前向きな理由を伝えることが大切です。


また、自分が何を我慢できないのか、転職に成功する人ほどハッキリと理解しています。

退職前から転職活動を行う

退職前から転職活動を行う

成功する為には退職する前から転職活動をスタートさせておきましょう。


働きながら転職活動をしていれば、じっくり時間をかけて良い求人が出るのを待つことができるので転職も成功に繋がりやすくなります。


また、お金の面での心配もしなくて済むのは精神的に楽です。


働きながら転職活動をしていると面接に行けないのではないかと不安になりますが、多くの場合応募した企業に事情を伝えれば、就業時間外での面接も対応してくれます。


転職の基本は転職サイトに登録することと、ほかの転職手段として人材紹介会社を利用するといいでしょう。


転職エージェントの「 doda 」なら国内最大級の求人サイトで求人掲載数も10万件(非公開求人を含む)を超えます。
いい条件の会社が見つかります。こちらからどうぞ
dodaは本当に使えるサービスなのか?

【 最新版 】doda は本当に使えるサービスなのか?



一方で
退職してから活動を行うと、焦って妥協して会社を決めることになりかねません
無職になると月々の生活を支えるために雇用保険から「失業給付金」が支給されます。


自己都合で退職した場合は3ヵ月間は「失業給付金」は受け取ることができず、収入はゼロ。


さらに社会保険が国民健康保険と国民年金に切り替わることで毎月の負担が増えます。


そして転職活動が長期化と貯金はどんどん減っていき、焦りから目先の企業への入社を決めてしまいがちになるんです。


これでは転職もうまくいきません。


IT/Web業界への転職を考えているのならIT業界に特化した転職エージェントで成功しましょう。求人数が豊富です。
【最新版】エンジニア特化の転職サイトランキング【未経験OK】

【最新版】エンジニア特化の転職サイトランキング【未経験者OK】


夫婦でサポートしあう

夫婦でサポートしあう

夫の時間の取れない場合は妻が夫の代わりに求人を探してみるといいでしょう。


その際のポイントは、

夫の業種や職種を意識しておくこと


決して待遇や環境など他の良い点にばかり気を取られないようにするこも忘れないでください。

転職が失敗しやすい人の特徴

転職で失敗しやすい人

転職が失敗しやすい人とはどんなパターンでしょうか。

妥協点を決められない

妥協点を決められない



重要なのは自分が前職の何が不満だったのか曖昧にしたまま転職活動を始めないことです。


職場を変えれば、つい何でも解決されるような気になってしまいます。


待遇や環境など他の良い点に気を取られて、前職と同じ不満を持つような職場を選んでしまうなんてことも実際よくあります。

優先順位を整理できていない

優先順位を整理できていない

転職で実現したい条件を挙げておき、優先順位をつけるとわかりやすくなります。


  1. 必ず叶えたい条件
  2. できれば叶えたい条件


「必ず叶えたい条件」を達成できたら「できれば叶えたい条件」は諦める、と決めておけば理想的な転職が実現しやすくなりますよ。


必ず叶えたい条件
  • 年収500万円以上
  • 残業20時間以内
  • IT業界(スキルアップとキャリア形成のため)
さらにできれば叶えたい条件もリストアップしておきましょう。
できれば叶えたい条件
  • 上場企業
  • 出世ができる
  • 通勤時間が1時間以内
仕事にやりがいを感じたくて転職をするのであれば「仕事内容」を第一条件にします。


その際に年収が下がってしまっても「仕事にやりがいを感じたい」という本来の目的が果たせれば、不満は言わないなど事前に決めておきましょう。


転職の目的を達成できてから上手くやっていく工夫をする
と決めておき、絶対に譲れないポイントを実現できてから、他の条件が改善できるかを考えてみてはいかがでしょうか。

転職で思いもよらぬケース

転職で思いもよらぬケース


こちらに落ち度がなくても転職に失敗するケースもあります。
 
事前に話していた労働条件と実際の勤務に相違がある場合は、ホワイト企業に入社できたと安心した途端、実はブラック企業だったなんてこともあります。


ブラック企業と呼ばれる会社の求人案内には絶妙な言い回しで書かれている場合もあるので注意が必要です。


求人情報や面接した際の話に具体的な内容が少ないと感じたらよく調べてみてください。


40歳を過ぎてからの異業種への転職は難しいといわれているので、
異業種を目指すのであれば30代のうちに転職しておくのが理想
です。


【最新版】エンジニア特化の転職サイトランキング【未経験OK】

【最新版】エンジニア特化の転職サイトランキング【未経験者OK】


転職を成功させるため夫婦でよく話し合う

夫婦でよく話し合う


夫の転職活動を成功させるためには夫婦でよく話し合うことが大切です。
 

嫁ブロックされないために

嫁ブロックされないために


転職活動をする人には配偶者に心配をかけたくないと思うあまり、活動していることを秘密にして内定が出てから配偶者に打ち明けようとする人がいます。


転職に関して言えばあらかじめ相談しておかないと後々トラブルになる場合が多いようです。


「嫁ブロック」とは、夫が妻に転職や独立を反対や阻止されること
内定が出てから妻に報告しようとした結果、転職先から内定が出ても妻の猛反対にあい転職を諦めてしまう人も少なくないとか。


ある転職サイトの調査では35歳以上の男性転職希望者の4人に1人が「嫁ブロック」を受けた経験があり、その半数近くが「嫁ブロック」より内定を辞退したと回答しています。


主な理由
  • 残業が多そう
  • 年収が下がるから
  • 有給休暇の取得率が低いから
などが理由です。
年代別に見ると「40代」が最も多く、「50代」、「30代」と続きます。

将来設計をしておく

将来設計をしておく

その一方で転職をしようとした時から妻とよく相談をしている夫は転職に成功しやすい傾向にあります。


夫婦で思い描く人生設計は最初のころはお互い異なっていても、話し合いを重ねていくことで、お互いの理想とするビジョンに近づけることが有効的です。


夫の転職は妻のキャリアにも影響を与えかねません。


転居を伴う場合は居住地が変わることであらゆる負担をしいられます。


生活のリズムも変わると家事や育児の分担もやり直す必要があり、予期せぬ影響も出てくるでしょう。


また子供のいる家庭では受験や進学のタイミングも考慮する必要があります。
転職エージェントの「 doda 」なら国内最大級の求人サイトで求人掲載数も10万件(非公開求人を含む)を超えます。
いい条件の会社が見つかります。こちらからどうぞ
dodaは本当に使えるサービスなのか?

【 最新版 】doda は本当に使えるサービスなのか?


まとめ:【30代夫婦向け】転職が成功&失敗しやすい夫の特徴

まとめ:【30代夫婦向け】転職が成功&失敗しやすい夫の特徴

✔結論、「人生は計画的に」です。


まず転職を望んでいる夫には将来設計を家族と共有するよう伝えてみてください。


その上で、本当に転職すべきなのか検討してみるとよいでしょう。


こちらの記事もよろしければどうぞ。

【解決法】転職した方がいいのか不安で夜も眠れない

【解決法】転職した方がいいのか不安で夜も眠れない