転職でやりたいことがみつからない!!【自己分析をする方法を伝授】

転職でやりたいことがみつからない!!【自己分析をする方法を伝授】 転職



あなたは今、こんな悩みをかかえていませんか?

転職希望者
転職活動でうまくいくには「やりたいことを明確にする」っていったいどういうこと?


本記事の内容
  • 転職したいが、やりたいことがない
  • 「やりたいこと」を探すためには自己分析が必要?
  • 転職で自己分析が大事だというけど、その具体的な方法は?


これから転職活動をはじめようと転職サイトを見ていると、
転職で失敗しないために
やりたいことを明確にする
こんなフレーズ、書いてありませんか?


転職希望者
???


「そんなのあるわけない!」とツッコミを入れたくなります。


そもそも「やりたいこと」=(イコール)自己分析ってあっているのでしょうか?


正確に言うと、「やりたいこと」を探すために自己分析が必要なんです。


なぜならば、「やりたいこと」が見つからないと、転職活動がうまくいかなくて苦労する場合も。


そこで、なるべく転職で苦労しないように「自己分析」の方法を知っておけば、自分の希望する仕事を手っ取り早く決められるかもしれません。


では、転職活動で自己分析をする方法を3つご紹介します。

  1. 転職のプロに頼る
  2. 自己分析診断ツールを使う
  3. 自分で紙やテンプレートを利用して書き出す


方法は書いてある通りですが、最終的に成功するためにやるのは自分自身です。


自己分析のツールやプロに相談しても、自分の決めた軸がブレていてはうまくいきません。


重要なことは、「自分が選んだことをゴールするまで貫き通せるかどうか」です。


この記事では、転職したいけど「やりたいこと」が見つからない方のための自己分析の方法をご紹介していきます。


まさお
事実、私は「逃げの転職」をしました。逃げの転職というのは、もうこんな仕事やりたくないと思い、転職先を決める前にやめてしまいました。
そんな私も、転職活動をはじめた際に「やりたいことがない」と思ったのです。


では本題へまいりましょう。





Contents

  1. 転職で自己分析をする方法
  2. 転職でおこなう自己分析とは一体なに?
    1. 自己分析で知っておくことってなに?
    2. できることとやりたいことは違う?
  3. 転職活動で「やりたいことがない」場合の自己分析の方法
    1. 自分の強みと弱みを考える
    2. 過去を掘り下げて振り返る
    3. 「やりたいこと」、「できること」、「しなければならないこと」を考える
  4. 転職すると決めたら自己分析ツールを使って「やりたいこと」を探す
    1. ストレングスファインダー
    2. 「Mgram(エムグラム)」
    3. 「グッドポイント診断」
    4. 「 doda 」の適職診断
  5. 転職活動っで自己分析に困ったらプロに頼る方法
  6. まとめ:転職で「やりたいこと」を探すための自己分析は重要です


転職で自己分析をする方法

転職で自己分析をする方法


冒頭部分でもご紹介した通り、「やりたいこと」をみつけるための自己分析の方法としては3つ。

  1. 転職のプロに頼る
  2. 自己分析診断ツールを使う
  3. 自分で紙やテンプレートを利用して書き出す


「やりたいことがない」状態で転職活動をしていると、なかなか内定をもらうことは難しいと思います。


なぜならば、やりたいことがない=(イコール)目指すものがないということと一緒で、面接で「志望動機」を質問されてもあやふやな回答になってしまうはずです。


またこんな場面も想定できます。

面接官からの質問。
面接官:「なぜ転職をしたいのですか?」


あなた:「キャリアアップしたいと思い、御社を志望しました。前職では・・・自分の成長のために転職を決意しました。」


面接官:「なんでキャリアアップしたいんですか?」、「自分の成長のためなら前職でもよかったんじゃない?」



なんて聞かれたら、ドキっとしますよね。


面接で焦ることのないように、事前準備はしっかりとしておきたいものです。


次に「自己分析」とは、どんなことをするのでしょうか。

転職でおこなう自己分析とは一体なに?

転職でおこなう自己分析とは一体なに?


事前準備とは言っても、具体的に何をしたらいいのかわからないと行動もできません。


自己分析とはどのようなことを指すのかについて見ていきましょう。


就職活動における自己分析とは、自分自身の過去の体験を振り返ることで行う自己分析であり、就職活動の出発点とされる。自己分析を行うことで、自身はどんな仕事がしたいか、どんな仕事が向いているか、どんな会社に行きたいかなどといった事柄を認識、理解する。
引用元:Wikipedia


Wikipediaではちょっと堅苦しい言葉で説明されていますが、なんとなく理解できると思います。

自己分析で知っておくことってなに?



自己分析とは、ただやりたいことを見つけるためだけにするのものではありません。


大切なのは「自分はどういう人物なのか?」を知ること。


具体的には自分のこれまでの経験やものの考え方を整理し、自分の能力や性質、強みや弱み、今後どのような姿でありたいかを理解することです。


自己分析は頭の中で整理しておいて、身近な人に話しておいていつでも伝えられる状態にしておくといいでしょう。


まさお
私の場合、転職をする際に「やりたいことが分からない」と悩んでいました


キャリアカウンセラーに聞くと、私と同じような方いるそうです。


今はやりたいことが分からなくても大丈夫。


このあとの章で私が実際にやってみた自己分析の方法もご紹介していきます。

できることとやりたいことは違う?



これってイコールとは限りません。


「できること」を活かして「やりたいこと」を実現するってことはあるでしょう。


しかし、すべての人にあてはまるものはないのです。


次の章では、典型的な自己分析をする方法をお伝えします。

転職活動で「やりたいことがない」場合の自己分析の方法

転職活動で「やりたいことがない」場合の自己分析の方法


最初に試していただきたいのは、次にあげる項目を紙に書き出してみてください。


  1. 自分の強みと弱みを考える
  2. 過去を掘り下げて振り返る
  3. 「やりたいこと」・「できること」・「しなければならないこと」を考える


文章にする事で自分の価値観や行動を振り返ることができますので、面接においても納得感のある説明ができるはずです。

自分の強みと弱みを考える



仕事のことだけでなく、学生時代のことなども振り返り、エピソードとして入れられると説得力のある文章になるはずです。


強みを引き出す5つの質問をしますので、箇条書きやノートに書き出すなどしてみてください。

  1. これまでに印象的な仕事はありましたか?
  2. →出来事やエピソードの確認。

  3. なぜその(今)仕事をがんばってこれたのか?がんばろうと思ったのか?
  4. →やる気になったエピソードの確認。コミュニケーションなどの対人スキルを知る。

  5. その時にどういう行動をしたのか?
  6. →なにを努力または改善してきたのかを確認。

  7. その結果、どうなったのか?
  8. →どのようにスキルや経験を活かして問題解決したのか確認。

  9. その経験からなにを学んだのか?

→仕事の進め方や問題発生時の解決の仕方を確認。



いかがでしょうか?


結構難しい質問かと思います。


余談ですが、上の質問はエージェントのカウンセリングで使われていて、より深く自分の内面を知ることができるです。

過去を掘り下げて振り返る



自分がどんな価値観を持っているのか、これまでどういう考えでどんな行動をしてきたのか、どういった状況でどのような感情を抱いたのかなどを言語化し、面接で語るエピソードの整理をします。


仕事のみではなく、プライベートな部分、そして学生時代までさかのぼっておく


ここでも文章にして整理しておきましょう。


モチベーショングラフで幼少期から現在までを「充実度」別にして主な出来事を記入していく方法もあります。

モチベーショングラフ

まさおのモチベーショングラフ


グラフで表すことで、文章にする際にまとめやすくなるという利点もあります。


自分に合ったやり方で「これまでの人生」を可視化してみてください。


参考までに、上のグラフは私のモチベーショングラフです。

「やりたいこと」、「できること」、「しなければならないこと」を考える



3つめの項目です。

やりたいこと



  • 「こういう人生になりたい」
  • 「新たなチャレンジをしたい」
  • 「こういう人になりたい」
といった将来のビジョンをみつけます。

できること



スキル経験などこれまでに積み重ねてきた「すぐに活かせる能力」のことです。


ここは資格だけにとどまらず、職務で経験してきたことを書き出します。

やらなければならないこと



たとえば
  • 営業であれば、ものを売って売り上げをあげる
  • エンジニアなら与えられたプロジェクトを達成させる


など、会社から求められているタスクを指します。


今の自分には何が必要で、何をやるべきなのかを見つけるのに用いられています。


リクルートの社内評価で取り入れられているツールで、「WILL」、「CAN」、「MUST」として転職の場面でもよく登場します。




経験にまつわる思考や行動、感情の変化などを棚卸し自己分析することで、自分がどんな人間なのかを言語化していく、というイメージです。


次の章ではツールを使った自己診断について紹介します。


転職で失敗しない為の損しない&得する生き方

【35歳向け】転職で失敗しない為の損しない&得する生き方【方法は3つ】

転職すると決めたら自己分析ツールを使って「やりたいこと」を探す

転職すると決めたら自己分析ツールを使って「やりたいこと」を探す


ツールを使うタイミングとしては、自己分析をしたあとに試してみるといいと思います。


なぜならば、自己分析・適職診断ツールを利用することで、あなたの適正にあった企業からのスカウトがあるため。


ツールは4つを紹介
  1. ストレングス
  2. エムグラム
  3. グッドポイント診断
  4. 「 doda 」適職診断

ストレングスファインダー



ご存知の方もいらっしゃると思いますが、有名な有料の診断ツールになります。


評判については賛否両論ありますが、じっくり自己分析したい方にはいいかもしれません。


まぁ、お金をはらうからには適正を診断してもらいたいものです。


>>>ストレングスファインダー®のサイトを見てみる

「Mgram(エムグラム)」

まさおのエムグラム診断結果


実際に性格診断してみました。


すぐに診断を始められて、105問の質問に答える、メールアドレスを入力すると診断結果が確認できます。詳細を知るためには有料コンテンツになるようです。


まぁ、個人的に当たっているような感じもありますが…。


>>>エムグラムの公式サイトを見てみる

「グッドポイント診断」



リクナビNEXTの「グッドポイント診断」ならストレングスファインダーのおよそ2倍の項目から適性を診断します。


しかも無料で使えるので、使わない手はないです。


リクナビネクストの「グッドポイント診断」。


この診断にはリクナビネクストの会員登録が必要です。


>>>「 リクナビNEXT 」の公式サイトを見てみる

「 doda 」の適職診断

まさおの適職診断結果


これまでに紹介した自己分析の他に、私が使った転職エージェントの「適職診断」があります。


会員登録しなくても、簡単な質問に答えて10分くらいで診断できます。


>>>「 doda 」の適職診断をやってみる

転職活動っで自己分析に困ったらプロに頼る方法

転職活動っで自己分析に困ったらプロに頼る方法


応募書類の添削も応募から面接日程の調整など代行してくれるのでエージェントは活用しておくといいです。


ただし、エージェントによって得意分野や特徴も違いますので、1社に絞るのではなく、最低に2社~3社は利用したいところ。


なぜ転職エージェントは利用すべきなのか?


前述の通り、応募から内定の調整までを代行してくれるのはもちろん、転職の成功率を高めるためにもエージェントを利用することは必要です。


実際私の場合、時間の節約と交渉事が面倒だったので、エージェントを3社使って転職を行いました。


人間関係を理由に転職したい方向け【転職エージェントレビューあり】

人間関係を理由に転職したい方向け【転職エージェントレビューあり】



>>> dodaエージェントサービスの公式サイトを見てみる

まとめ:転職で「やりたいこと」を探すための自己分析は重要です

まとめ:転職で「やりたいこと」を探すための自己分析は重要です


転職で自己分析をする方法についてお伝えしてきました。


  1. 転職のプロに頼る
  2. 自己分析診断ツールを使う
  3. 自分で紙やテンプレートを利用して書き出す


自分なりの方法で「強み」と「弱み」を見つけだしてみてください。


きっとあたらしい自分を発見できるはずです。


この記事があなたの転職の少しでもお役に立てれば幸いです。


この記事も人気です。
気になる30代平均の転職活動期間は?いつから転職活動すべき?【その理由は?】


おわり。