【30代向け】転職でうまくいかない人の共通点はコレ

転職がうまくいかない 転職
転職希望者
転職活動がうまくいかないんだけど、具体的に何をすればいいのか全然わかんないよ
 
マサオ
やるべきことがわかっていれば、何にも難しいことはないよ。転職で失敗を少なくできる方法を教えてあげる


今日はこんな疑問に答えます。
  • 書類選考で落とされてしまう
  • 転職活動始めてから1ヶ月も経つのに決まらない
  • 転職活動してきたけどいっこうに内定もらえない


✔30代のこんな方を対象にしています。
  • 転職活動を始めて間もない
  • 1ヶ月やっても一向に活動が進まない
  • なにからやったらいいかわからない




 

 

マサオ
転職活動がうまくいかないと感じる原因は何か考えてみよう
 

転職がうまくいかないと感じるわけ

転職がうまくいかないと感じるわけ
なんで転職がうまくいかないと感じるのか掘り下げていきます。
 

転職目的が曖昧である

「なぜ転職したいのか」、「転職して実現したいことは何か」、動機や転職の目的が不明確な人は転職を成功させるのは難しくなります。


「今の仕事に不満があってなんとなく転職したい」という現実逃避のような気持ちで活動しても、仮に面接まで進んでも曖昧な志望動機しか答えられず「採用しても嫌になってまた辞めてしまうのではないか」と面接官に受け取られる可能性もあります。


また、同じようにその場の勢いで前職を退職した人の中には、将来のことなど考えもせず行動してしまったことで転職の目的があいまいになるケースも見られます。

高望みしている

そもそも自分のキャリアにあっていないということはないですか。


例えば

前職よりも高い年収を希望していると採用される確率は低くなる傾向にあります


転職したからといって必ず年収が上がるわけではありません。


入社後1年くらいまでは前職よりも年収が下がることも覚悟しておく。


また大手企業や有名企業ばかりを狙ってはいませんか。知名度の高い企業は人気が高く採用倍率も高いのでその点も考慮しておくといいでしょう。

活動を始めて1ヶ月経つのに仕事が決まらない

転職活動を始めて1ヶ月くらい経つと「この先本当に仕事が見つかるんだろうか」と不安になります。


しかし前に挙げたうまくいかない理由の「転職の目的が曖昧」、「高望みしている」などに心当たりはありませんか。


もしあなたにもあてはまる理由があれば、ここで1度考えを整理してみましょう。

  • 「なぜ転職したいのか」
  • 「転職して実現したいこと何か」
は明確に持っておくと行動に移しやすくなります。


ではなぜ「転職活動がうまくいかない」と思うのでしょうか。
✔転職活動がうまくいかないと感じるわけ

  • 転職目的が曖昧である
  • 高望みしている
  • 活動はしたことあるけど仕方がわからない
マサオ
あてはまる項目はあったかな?


転職希望者
う~ん、転職するからにはやっぱり年収は増やしたよ


マサオ
転職がうまくいかないのはなんでか、悩んでしまう人の共通点を挙げてみよう


転職に失敗したけどうまくいかない

【30代向け】転職で失敗したけど今すぐ辞めたい。次に失敗しない会社選び


転職がうまくいかないと悩む人の共通点

うまくいかないと悩み人の共通点
転職がうまく進まない人にはある「共通点」が!?存在しています。

待遇だけを基準にしている

前職よりも高い年収を望むことやあなたのキャリアに応募先が合っていないなんてことはありませんか。


もし待遇だけを基準にして転職を進めようとしているのであれば、興味のある業界や企業の待遇以外にも目を向けてみてください。


きっと意外な一面を知ることができるかもしれません。


「こんないいことあったの?」とか「あの企業とグループ会社なんだ」みたいに新たな発見があるかもしれません。


応募先企業の情報はできるだけ詳しく下調べしておくといいでしょう。

企業が求める条件に合致していない

企業側が求めているスキルや経験といった条件に合っていないと採用される可能性は低くなります。


たとえ「経験は少ないですが、その内容ならこなせます」などと言っても企業は即戦力を求めているので、なるべく早く会社に馴染んでくれて、かつ業務を遂行してくれる人を選びます。


また未経験で異業種からの転職に挑戦しようとする場合も、「ポテンシャル採用」や「未経験可」の求人ではなく、企業が即戦力を求めているケースでは採用も難しくなります。

自分が応募先で何を実現したいのかを伝えられていない

はっきりとした理由もなく、転職したいという場合に多く見受けられがちなのが、「自分で選んだ会社で何を実現したいのか」を明確にできないことです。


例えば「今日はラーメンが食べたいから、ネットで検索してみよう」となれば、必死でおいしそうなラーメン屋を探しますよね。


それと同じように、気になる求人を見つけたら、事前にその企業を調べ尽くすくらい情報を入れておくと、担当者から意欲的な人だとういう印象を与えられます。


✔転職活動がうまくいかないと感じるわけ

  • 待遇だけを基準にしている
  • 企業が求める条件に合致していない
  • 自分が応募先で何を実現したいのかを伝えられていない


転職希望者
そうか、待遇ばかり気にしてやりたいことは何か忘れてた


マサオ
それではうまくいかないよね


マサオ
でも、これさえやれば希望は見えてくるよ

転職を成功させるために押さえておくべきコト

転職成功させるために押さえておくべきコト


転職を成功させるためにやっておくべき事をいくつか挙げていきます。

なぜ転職をするのかを明確にする

転職理由が曖昧な人はうまくいかない傾向にあるとお伝えしてきました。


まずは転職する目的が「転職でやりたいことは何か」、「転職して実現したいことは何か」を明確化することで、やるべきことが見えてきます。


「なんとなく転職したいから」や漠然とした理由で活動するのではなく、例えば「自分の夢を実現するために転職するんだ」、「エンジニアになりたいから御社を志望しました」などしっかりした動機を持つことで転職活動の軸を明確にしましょう。

希望する仕事の種類にこだわり過ぎない

業界や職種にこだわりすぎていませんか。どんな企業でも応募しないことには採用までたどり着けません。


活動がうまくいかないときは活動量を増やすことも大事なポイントです。


希望する仕事が見つからないからといって応募を躊躇しているとなかなかうまくいきません。


ただ応募すればいいというわけではありませんが、「毎週の応募数をノルマとして設定」することで自然と面接回数も増えていきます。


この方法は前職をすでに退職した無職期間中に転職活動を行っている人には特に有効です。

長所と短所を把握しておく

面接の自己PRで「あなたの長所と短所を教えてください」という質問がよくあります。


面接官は「うちの会社の社風に合いそうか」、「一緒に働いてどんな仕事をしてくれそうか」を見ています。


相手に「これならうちで働いても大丈夫だな」と思わせるような工夫をして、あなたがすでにその会社で働いてる想像ができるような伝え方も考えてみましょう。


伝え方次第であなたも面接官も一緒に働いている姿をイメージしやすく、より採用にされる可能性もあがります。
 

短所も長所になる場合があります。


「この短所はうちの会社では長所として活かせる」なんてこともあったりしますので短所イコール絶対ダメなものでもないんです。


まずはあなたの長所と短所について書き出してみるのもいいですね。

キャリアの棚卸しをしてみる

あなたのこれまでのキャリアを振り返り、スキルや実績をできるだけ整理しておくようにしましょう。


そうするこで自分のスキルや実績を活かすためにはどんな企業に応募するべきかが見えてきます。


転職では例外を除いて即戦力が求められるのが一般的です。


これまでに培ってきたスキルや実績を評価してくれる企業を選ぶことで、転職がうまくいく可能性が大きくなります。

転職は時間のかかるものと考える

転職はスムーズにいくものではないと思っていた方がいいかもしれません。


活動し始めて1ヶ月で決まる人もいれば、半年以上かかる人もいます。


そこは他人と比較して転職が決まるわけではないので、じっくりいきましょう。


自分がやりたいことを探しているのであれば時間をかけるべきですし、こだわり過ぎているようであれば少し視野を広げて探してみるのもひとつです。


「また辞めたくなった」なんてことにならないためにも必要なことはやりきりましょう。

こんなデータもあります。
大手転職サイトのアンケートによると、”58%もの人が「6ヶ月」の離職期間”があったと回答しています。あなたが知らないだけで周りの人も時間をかけて活動しているということです。


「自分には価値がある」ということに気づく

転職の成功のカギは、自分のスキルや能力・キャリアを客観的に評価することが大切です。


不採用が続くと後ろ向きな考え方になってしまい、どうしても他人と比べべようとします。


そうなると「自分には価値がない」、「このままずっと転職できないのでは」と考えてしまい、さらにうまくいかなくなります。


しかし不採用になる多くの理由は、企業側の求めているスキルや経験が応募者と合わなかっただけで、人間性やキャリアを否定されているわけではありません。


そもそも人はそれぞれスタート地点が違います。他人と比較したところでいい気持ちにはならないでしょう。


友人やキャリアカウンセラーなどの第三者に客観的にアドバイスをもらうことでも解決につながります。


自分では見えない「アピールポイント」がたくさん見つかるはずです。


✔転職を成功させるために押さえておくべきコト

  • なぜ転職をするのかを明確にする
  • 希望する仕事の種類にこだわり過ぎない
  • 長所と短所を把握しておく
  • キャリアの棚卸しをしてみる
  • 転職は時間のかかるものと考える
  • 「自分には価値がある」ということに気づく
 

転職と新卒の就職活動の違い

転職と新卒の就職活動の違い

転職と新卒の活動の違いを比較してみました

転職 新卒
選考基準 これまでの職務実績 学歴や信頼感
採用方法 即戦力採用 ポテンシャル採用
活動期間 1ヶ月~6ヶ月 6ヶ月~
情報源 転職サイト 新卒専用サイト


まとめ

転職うまくいかないのまとめ


✔こんな悩みについて書いてきました

  • 転職活動してきたけどいっこうに内定もらえない
  • 書類選考で落とされてしまう
  • 転職活動始めてから1ヶ月も経つのに決まらない
 
それでもまだ悩んでいるのなら
 
転職を成功させるには、いまがベストなタイミングです。
【最新版】エンジニア特化の転職サイトランキング【未経験OK】

【最新版】エンジニア特化の転職サイトランキング【未経験者OK】

 
自分の価値をもっと知って最大限のプレゼンをしませんか。そうすれば希望の企業への転職も手に入れたようなものです。今すぐ会員登録してあなたの希望の会社を見つけましょう。
 
よろしければこちらもどうぞ。
dodaは本当に使えるサービスなのか?

【 最新版 】doda は本当に使えるサービスなのか?

 
参考記事
あなたの会社がブラックか知っておいた方がいいかも