仕事で疲れすぎて辞めたいと悩んでいる人への処方箋【改善策は2つ】

仕事で疲れすぎて辞めたいと悩んでいる人への処方箋【改善策は2つ】 仕事の悩み
まさお
サラリーマンブロガーのまさおです。

  • 営業職歴12年
  • 転職経験4回

【副業】ブログで転職や仕事の悩みについて書いています

 

 

悩んでいる人
仕事疲れた…、やりたくもない仕事押し付けられて、もう辞めたい。

 

誰しもがこんな経験があると思います。

 

 

今回のお悩み
  • 仕事のストレスがハンパない
  • 仕事の人間関係に疲れすぎた…
  • 誰でもできる仕事までまわってくる

 

上司からはちくちく文句を言われ、取引先からは小言のようなクレームばかり。

 

「はぁ~、疲れた」

 

「毎日同じことの繰り返しで仕事やめたい・・・」

 

と悩んでいませんか?

 

仕事が疲れたという状況を変えるには、2つしか方法はありません。

 

最初に結論を言ってしまうと、

 

  1. 今いる会社の上司と話し合って環境の改善をしてもらう
  2. 今の会社をやめて転職

だけです。

 

どちらの方法を取るにしても前向きにとらえて、一度きりの人生楽しんで過ごしていきましょう。

 




目次

  1. 仕事に疲れたと感じるのはなぜか?
    1. 理由は2つ
  2. 仕事で体力面からくる疲れ
    1. 会社に相談して環境改善を図る
    2. それでも改善が難しければ
    3. それでもそれでもダメな時は
  3. 仕事で精神面からくる疲れ
    1. ストレスの原因となる要素は
    2. 改善するためには相談したいところだけど
    3. 会社のトップに相談してもいい
    4. 上司の改善をするのは簡単ではない
    5. 他の方法を模索してみよう
    6. 異動できればラッキー
  4. 仕事に疲れてしまって辞めたいと思ったら転職を検討する
    1. 苦しい我慢をするか自分を輝かせる挑戦をするか
    2. 求人探しを始めておこう
    3. 転職エージェントを使ってみる
    4. 転職エージェント「 リクルートエージェント 」
    5. 転職エージェント「 doda 」
  5. まとめ:仕事で疲れすぎて辞めたいなら今すぐ転職だ

 

仕事に疲れたと感じるのはなぜか?

仕事に疲れたと感じるのはなぜか?

 

夢中で仕事をしていると感じないかもしれませんが、ふと息抜きをした時に「疲れてる」って感じたことありませんか?

 

毎日遅くまで残業して帰ったら深夜、仮眠してまた朝早く出社。上司からは「仕事が遅い」と怒られ精神的な苦痛を与えられる。

 

理由は2つ

 

仕事に疲れたと感じる理由は2つあります。

 

  1. 体力面からくる疲れ
  2. 精神面からくる疲れ

 

疲れの主な原因は2つの面から出てきます。

 

では1つずつ掘り下げてみていきましょう。

 

仕事で体力面からくる疲れ

仕事で体力面からくる疲れ

 

まずは体力面での疲れは、

 

  • 休みが少ない
  • 長時間労働
  • 仕事量
  • 重労働

 

体を酷使しすぎてしっかり休養が取れていない体力面の疲れですね。

 

特にこの状況に陥りやすいのは、

  • 入社まもない
  • 業務に慣れていない
  • 人手が足りない
  • ブラック企業

 

など、会社の事情や場合によっては意図的にやらされていたりする可能性もあります。

 

会社に相談して環境改善を図る

 

もし、人手不足であるならば、上司に相談しましょう。

 

ただ気をつけておきたいのは、「どうにかしてください」と抽象的に相談してもダメです。

 

一人で仕事を抱え込まないようにするために「仕事の分担をもっと細かくしてほしい」など、具体的な改善案を示すのがいいでしょう。

 

意外と上司はあなたの仕事量を把握できていない場合もありますので。

 

まさお
上司の力量でコントロールできる場合もありますね。

 

それでも改善が難しければ

 

組織ができあがっている以上、あなた一人のために体制を変えて仕事を組み直すのは難しいかもしれません。

 

直属の上司に相談してみて、改善されないようならさらに上、またさらに上と状況は伝えておくべきだと思います。

 

小さい会社であれば一人に対する仕事量も多いはずなので、つらい業務を我慢しないで、伝えることが重要です。

 

それでもそれでもダメな時は

 

いくら環境改善を図ろうとしても、ダメな時があります。

 

そんな時は、転職をするしか方法はありません

 

まさお
私は社長にまで直談判して何度も職場環境の改善を求めましたが、ダメでした。

 

あきらめて、転職しました。

 

どこかで今の会社に見切りをつけておくことは必要かと思います。

 

無理に会社にしがみついていてもあなたの身が先に壊れてしまうので…

 

仕事で精神面からくる疲れ

仕事で精神面からくる疲れ

 

仕事で疲れたと感じる精神面の原因は、ストレスです。

 

厚生労働省の調査によると、

 

「現在の仕事や職業生活に関することで強いストレスとなっている」割合は、

 

59.5%

 

と結果がでています。

 

ストレスの原因となる要素は

 

ストレスの要因
  • 異動
  • 金銭面
  • 仕事内容
  • 人間関係
  • 仕事の責任
  • 会社の将来性

 

などが主な要因としてあげられています。

 

ストレスを感じている事柄は

 

さらにストレスの内容を詳しくみてみると、

 

  • 1位
  • 仕事の質や量(53.8%)

     

  • 2位
  • 仕事の失敗(38.5%)

     

  • 3位
  • 対人関係(30.5%)

引用元:厚生労働省

 

「仕事の質や量」が最も多くて、「仕事の失敗・責任の発生」、「対人関係(人間関係)」と続いています。

 

最も多いストレスは「仕事内容」

 

会社で仕事をしていると、やりたくない仕事まで振られたりします。

 

「これくらいの内容ならあんたがやればいいのに」とか思ったことありませんか?

 

しかし上司は、「君にやってもらって、後輩が入ってきた時のためだ」とか言ってすべてをむちゃぶりしてくるんです。

 

あとで上司の方に目をやると、なんだか暇そうにしていたりします。

 

まさお
悲しいことに仕事は選べても、上司は選べません

 

改善するためには相談したいところだけど

 

見直すところがあれば、改善です。

 

まさお
誰かに相談するって勇気がいるものですが、現状を伝えましょう!

 

しかし前述した状況からすると、あなたの上司に相談しても無駄に感じます。

 

ストレスの要因はあなたの上司にあるわけですから。

 

直接本人に文句を言えるくらいの度胸がある人は言ったほうがいいです。

 

会社のトップに相談してもいい

 

ここであなたの上司のさらに上司に相談します。

 

らちが明かない場合はトップに相談してもいいと思います。

 

私の場合、部長に相談をしましたが「気にしすぎだ」などと全く取り合ってくれる様子がなかったために、社長に直談判しました。

 

上司の改善をするのは簡単ではない

 

このケースでは、社長から部長へ、そして課長に「仕事の割り振り」について改善することを促してもらいます。

 

もしその場は改善が図られたとしても、状況はすぐ元に戻ってしまいます。

 

それくらい人を変えるのは難しく、継続的に部下を指導していくしかないんです。

 

そこまで熱心に指導してくれる社長がいればいいんですが、そうはいきません。

 

まさお
案の定、私の上司の態度は変わることがありませんでした。

 

改善の相談は会社の環境改善のために積極的に行うべきかと思いますが、上の役職者たちの力量は把握しておきましょう。

 

他の方法を模索してみよう

 

先程の直接上司を指導してもらう方法とは別で職場の環境改善をしてもらう方法もあります。

 

例えば
  • あなたが部署異動する
  • 上司を違う部署へ異動してもらう

 

どこの業界でも人手不足は深刻な問題です。

 

会社としては、あなたに辞められるより部署異動してでも残ってほしいと思うはずです。

 

異動できればラッキー

 

異動できる可能性はありますが、必ずしも異動できるとも限りません。

 

少人数の会社や部署が複数ない場合には、どうすることもできませんよね。

 

その場合、転職することしか残されていません。

 

仕事に疲れてしまって辞めたいと思ったら転職を検討する

仕事に疲れてしまって辞めたいと思ったら転職を検討する

 

体力面と精神面に分けて改善方法をご紹介してきました。

 

改善を試みて、ダメだなと感じたら転職するしかありません。

 

まさお
私も改善されるのは粘って待ちましたが時間の無駄でした。

 

いやいや今の環境で仕事を続けていても、ストレスは溜まる一方です。

 

それであれば、転職して環境を変える方がよっぽどマシ。

 

悩んでいる人
環境を変えるのが面倒だな

 

そんなことを思うこともあります。

 

苦しい我慢をするか自分を輝かせる挑戦をするか

 

たしかに慣れた職場で慣れた仕事をするのは楽かもしれません。

 

さらに新しい仕事や新しい環境に挑戦することは、ストレスになります。

 

しかしどこかで自分を変えなければ、ずっと苦しい思いをするだけです。

 

勇気をもって望んでみると、いい結果が生まれるものです。

 

まさお
環境を変えることで、新しい技術が身についてさらにステップアップすることだって可能です。

 

求人探しを始めておく

求人探しを始めておこう

 

まずは求人を探してみることから始めておけば、すぐに転職することが可能です。

 

転職する準備ができていないと、いい求人はどんどんなくなってしまいます。

 

転職エージェントを使ってみる

転職エージェントを使ってみる

 

転職を検討するにしてもどうやればいいかわからないですよね。

 

最近の仕事探しは転職エージェントに登録して、求人を探すのが一般的になっています。

 

エージェントを使うことにためらいを感じている人もいるかもしれませんが、求人紹介・応募書類の添削、面接サポートまで「全て無料」で行ってくれるサービスです。

 

まさお
おすすめの転職エージェントをまとめたので、転職を検討している方は一度チェックしてみてください。


【オススメ転職エージェント】

エージェント名
特徴
リクルートエージェント
リクルートエージェント

  • 20万件以上の求人
    • 大手だからできる転職フルサポート体制


doda

  • 豊富な求人数と質の高さが評判
    • カウンセラーの細やかな配慮

 

オススメの転職エージェント
  1. 「 リクルートエージェント 」
  2. 「 doda 」

転職エージェント「 リクルートエージェント 」

リクルートエージェント


「 リクルートエージェント 」の特徴
  1. 20万件以上の非公開求人
  2. 転職支援実績No.1
  3. 転職活動をフルサポートしてくれる

 

 

私は、「 リクルートエージェント 」のサービスを使って転職しました。

 

担当者の対応は可もなく不可もなくでしたが、サポート力は抜群で、転職活動中の不安はすべて相談できました。

 

 

求人数、内定実績ともにダントツの業界No.1。最大手ならではの幅広いサービスを受けられます。

 

という理由からも「 リクルートエージェント 」が最もオススメです。

 

 

求人数、内定実績ともにダントツの業界No.1。最大手ならではの幅広いサービスを受けられます。

 

 

また「 リクルートエージェント 」独自のイベントや転職セミナーも開催しており、業界研究や応募先企業の検討に役立てることができます。

 

 

また独自のイベントや転職セミナーも開催しており、業界研究や応募先企業の検討に役立てることができます。

 

 

まさお
リクルートエージェント 」に相談すれば、転職のすべての悩みはアドバイスをくれます


\簡単5分で登録可能!/

 

 

転職エージェント「 doda 」

dodaについて

「 doda 」の特徴
  1. 10万件におよぶ求人数
  2. 大手ならではの手厚いサポート力
  3. 独占求人が多数存在


リクルートエージェントと 「 doda 」 も一緒に登録しておくことをオススメします。

 

 

私が転職活動で利用した際にも、かぶっている求人はあったものの、どちらかにしか掲載されていない独占の求人も多数存在していました。

 

 

ですので、リクルートエージェントと 「 doda 」 の2つを登録しておくだけで、他の転職エージェントとかなりの差をつけて転職活動を有利にすすめることが可能です。

 

 

さらに、IT/Webやメーカー、営業職といった特設サイトも用意されているので、より自分の希望に近い転職が実現できます。

 

 

まさお
総合転職エージェントでありながら、専門性も高いエージェントです

 

 

\簡単5分で登録可能!/

 

参考>>【 最新版 】doda は本当に使えるサービスなのか?

 

まとめ:仕事で疲れすぎて辞めたいなら今すぐ転職だ

まとめ:仕事で疲れすぎて辞めたいなら転職をしよう

 

仕事に疲れて辞めたい状況を改善する方法についてご紹介してきました。

 

  1. 今いる会社の上司と話し合って環境の改善をしてもらう
  2. 今の会社をやめて転職

 

私の経験上、会社で我慢して働き続けることは無駄だと思っています。

 

なぜならば、その環境が改善されない限り、自分の人生は楽しい方向には向きません。

 

今の状況を変えるのはあなたの気持ち次第です。

 

おわり。